ホーム出版物創立者の「文明間対話」シリーズ人間主義の旗を

『人間主義の旗を――寛容・慈悲・対話』

池田大作  フェリックス・ウンガー

『人間主義の旗を――人間性・慈悲・寛容』

「ヨーロッパ科学芸術アカデミー」のウンガー会長と、《人類共通の倫理》の確立を目指して語り合った対談集。東洋哲学研究所創立45周年記念出版であり、池田SGI(創価学会インタナショナル)会長の入信60周年にあたる2007年8月24日に発刊された。


ヨーロッパ科学芸術アカデミーは、欧州のみならず、北南米、中東、アジアなど50数カ国に1200人に及ぶメンバーを擁する一大知性集団である。科学・技術を、より人間的なものへ――その志のもとに設立された。池田会長は同アカデミーの名誉評議員である。


同アカデミーは、SGIも参加して、1997年から宗教間対話シンポジウムを開始。「9.11」直後からは「四大宗教間対話シンポジウム」を開催して、「共生」の道を探求してきた。


ますます暴力的になりゆく世界にあって、その背景に、物質主義の拡大と、それによる人間性の退化があるとすれば、精神性の復興のために、宗教、哲学、倫理の役割は、きわめて大きい。では、その力を発揮させるには何が必要なのか?



ウンガー会長は言う。

「今、諸宗教に共通する価値観が失われ、それに代わって物質主義的な価値観が拡大しています。この傾向をグローバル化がさらに強めています。その結果、生命の価値が薄められ、『殺』が多発しているのです。『宗教の衰退』と『物質主義の増大』。この流れに歯止めをかけ、昔から受けついできた伝統的価値観を思い出すべきです」



そして池田SGI会長は言う。


「キリスト教も仏教も『殺すなかれ!』と説いています。『非暴力』『不殺生』。こうした世界宗教に共通する根本の教えを『地球全体の倫理』の基盤とせねばなりません。この二十一世紀にこそ――。そのためにも宗教間対話が必要です。暴力におびやかされる民衆の悲惨を救うために戦わずして、自己自身の魂の救済などありえません」


創立者とウンガー博士は、1997年、2000年、2001年、2006年と対話を重ね、また往復書簡などで意見を交換。『東洋学術研究』(2004年第2号~2006年第1号)誌上に4回の対談を連載した。今回、その内容に新たに2章を加えて、対談集発刊の運びとなったものである。


「哲学なき時代」といわれる現代にあって、求められている哲学の要件とは何か? 魂なき「物質主義」ではなく、自由なき「国家主義」でもなく、慈愛なき「市場主義」でもなく、寛容・慈悲・対話を主柱とする 「人間主義」こそ――この共通の信念から、多角的なテーマで、語らいが繰り広げられている。


2007年8月  東洋哲学研究所刊
1800円(税込1,944円)
ISBN 978-4-88596-008-6



目次

略歴 フェリックス・ウンガー


序章  ヨーロッパ科学芸術アカデミーとSGI


第1章  宗教と寛容


第2章  仏教の慈悲とキリスト教の愛


第3章  「平和の文化」の創出に向けて


第4章  地球環境問題と教育


第5章  健康・医学・生命倫理



フェリックス・ウンガー( Felix Unger )

1946年生まれ。医学博士(心臓外科)。オーストリア・ウィーン大学医学部卒業。ウィーン大学助手、インスブルック大学教授を経て、ザルツブルク病院心臓外科医長。1990年、「ヨーロッパ科学芸術アカデミー」の創立とともに、創立者の一員として会長に就任。同アカデミーの心臓病調査研究所所長も務める。『心臓動脈手術――:1990年代の需要とニーズ』など著書多数。モニカ夫人は画家。

ブダペスト大学、ティミショアラ大学の名誉医学博士、創価大学、マリボー大学、リガ大学の名誉博士でもある。

トップへ戻る
ホーム出版物創立者の「文明間対話」シリーズ人間主義の旗を