ホーム出版物「東洋学術研究」 通巻174号~178号

「東洋学術研究」 通巻177号(第55巻第2号)

2016年(平成28年)11月発行  1,238円(税込1,337円)

  

■特集1は、宗教間対話シリーズ[カトリックとの対話]。東洋哲学研究所が掲げる研究領域のひとつである「宗教間対話」の取り組みとして、2015年9月から2016年2月にかけて研究員・委嘱研究員を対象に5回にわたって開催した「カトリック神学レクチャー」での論考を紹介しています。

 

■特集2は、イギリス・オックスフォード仏教学研究所との第2回共同シンポジウム「人類の未来と仏教の可能性」での発表を収録。同研究所と東洋哲学研究所は、2012年に学術交流協定を締結して以来、講演の開催や学術誌の交換、研究論文の寄稿等を通じて交流を深めてきました。2014年に東京で行われた第29回学術大会には、仏教学研究所のリチャード・ゴンブリッチ所長、スレン・ラーガヴァン研究員が参加し、共同シンポジウムを開催しました。今号で紹介するシンポジウムは、2016年4月、オックスフォード大学にて第1回と同様のテーマで行われました。ゴンブリッチ所長による「開会あいさつ」と6人の論考を掲載しています。

 

■また、米ジョージタウン大学教授のファターリ・M・モガダム博士による特別公開講演会「民主制の心理学」、「持続可能な未来のための大学学長会議」のリチャード・クラグストン共同議長による寄稿等を紹介しています。

※ご購入のしかたについては、「ご購入の方法」をご覧下さい。

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

■特集1 宗教間対話シリーズ「カトリックとの対話」

 「信じる」ことと「知る」こと――アウグスティヌスを中心に――

 … 佐藤 直子(上智大学教授)

 信仰の合理性――現代カトリシズムの公共性をめぐって

 … 岩本 潤一(日本聖書協会翻訳部主任)

 根源悪的現象から他者の地平に向けて

 … 宮本 久雄(東京純心大学教授・東京大学名誉教授)

 トマス・アクィナスにおける神学と哲学

 … 芝元 航平(上智大学非常勤講師)

 十字架のヨハネの神秘思想――カトリック的霊性の一極点――

 … 鶴岡 賀雄(東京大学大学院教授)

 

■特集2 「人類の未来と仏教の可能性」(オックスフォード仏教学研究所との第2回共同シンポジウムより)

●開会あいさつ

 …  リチャード・ゴンブリッチ(オックスフォード仏教学研究所所長)

●第1セッション:仏教と行動――暴力と平和の課題

 自由の声:初期仏教の尼僧の詩に見る友情、信頼そして解放―21世紀における仏教―

 … サラ・ショー(オックスフォード仏教学研究所研究員)

 「核兵器のない世界」構築への女性の役割

 … 栗原 淑江(東洋哲学研究所主任研究員)

●第2セッション:仏教とプラグマティズム――社会変革へ 仏教の影響力

 マインドフルネス瞑想と社会変革――セラピーから「智慧と倫理」へ

 … マーク・レオナルド(「マインドフルネス・フォー・チェンジ」メンバー)

 自然災害と仏教者の活動 ―東日本大震災をめぐって―

 … 大西 克明(東洋哲学研究所研究員)

●第3セッション:仏教と科学――心身の健康へ 仏教実践と科学の効用

 慈悲の実践――テーラワーダ仏教の瞑想の諸流派に関する一考察

 … カマイ・ダマサミ(オックスフォード仏教学研究所研究員)

 医療倫理と仏教――安楽死・尊厳死を焦点に

 … 川田 洋一(東洋哲学研究所所長)

 

■特別公開講演会より

 民主制の心理学

 … ファターリ・M・モガダム(ジョージタウン大学教授)

 

■寄稿

 地球憲章、精神性、持続可能な発展

 … リチャード・クラグストン(「持続可能な未来のための大学学長会議」共同議長)

 

〈研究覚え書き〉

 基礎研究と開発研究―その現在と未来 … 道川 誠(東洋哲学研究所委嘱研究員)

 成功を支える力 … 水船 教義(東洋哲学研究所委嘱研究員)

トップへ戻る
ホーム出版物「東洋学術研究」 通巻174号~178号