ホーム出版物「東洋学術研究」 通巻174号~181号

「東洋学術研究」 通巻181号(第57巻第2号)

2018年(平成30年)11月発行  1,238円(税込1,337円)

  

■本号では、「世界人権宣言」採択70周年を記念するてい談を収録。「人権・公共哲学・宗教を語る」をテーマに、東京大学名誉教授で星槎大学副学長の山脇直司氏と東洋哲学研究所の桐ケ谷章所長、石神豊主任研究員が語り合った。

 

特集1では、本年3月に開催した第33回学術大会シンポジウム(於:創価大学)での「21世紀と宗教――地球文明の構築へ向けて」から、金在榮(韓国・西江大学教授)「宗教心理学者としての池田大作:その素描」をはじめ、当研究所研究員の論考を掲載する。

 

特集2では、「法華経――平和と共生のメッセージ」展の後援機関であり、学術交流協定を締結するロシア科学アカデミー東洋古文書研究所の創立200周年を記念する特別寄稿を収録する。

 

※掲載時の役職は当時のものです。なお、これまでに発刊された「東洋学術研究」から、主な論文については、ホームページ内の「論文検索」から閲覧することができます。

※ご購入のしかたについては、「ご購入の方法」をご覧下さい。

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

■「世界人権宣言」採択70周年記念てい談

 「人権・公共哲学・宗教を語る」

 …  山脇 直司 氏(東京大学名誉教授、星槎大学副学長)、桐ケ谷章(東洋哲学研究所所長)、石神豊(東洋哲学研究所主任研究員)

 

■21世紀と宗教――地球文明の構築へ向けて(第33回学術大会シンポジウムより)

 宗教心理学者としての池田大作:その素描

 … 金在榮(韓国・西江大学教授)

 恩恵と自由意志 エラスムスとルターの自由意志論争

 … 柳沼正広(東洋哲学研究所研究員)

 倫理学者が仏教から「適切に」学ぶ方法

 … 蝶名林亮(東洋哲学研究所研究員)

 

■ロシア科学アカデミー東洋古文書研究所創立200周年記念特別寄稿

 アジア博物館から東洋古文書研究所へ―東洋民族の写本収集家と研究者──

 … イリーナ・F・ポポワ(所長)

 法華経研究への道

 … マルガリータ・I・ヴォロビヨヴァ=デシャトフスカヤ(顧問)

 広宣流布の基本理念に見る仏教のヴィヤーカラナ

 … サファラリ・Kh・ショマフマドーフ(研究員)

 仏教学者O・O・ローゼンベルグの個人蔵書

 … カリーネ・G・マランジャン(研究員)

 

■対談「大いなる人間復興への目覚め」記念寄稿

 対話――より人間的な未来への鍵

 … ヴァシャ・ヴェリノヴァ(スラヴ・ビザンチン研究所所長)

 東方正教会における人間観

 … 二宮由美(東洋哲学研究所研究員)

 石彫の平和学

 … 浅賀正治(彫刻家)

 

■寄稿

 21世紀の課題としての「異文化間教育」

 … バーバラ・ドリンク(東洋哲学研究所海外研究員)

 インド大乗仏教経典に見られる刑罰・戦争論――十善はどのように王政として展開されるのか――

 … 杉木恒彦(広島大学准教授)

 

〈研究覚え書き〉

 テロを防ぐイスラーム … 岩木秀樹(東洋哲学研究所委嘱研究員)

 インドの子どもたちと読書 … 松木園久子(東洋哲学研究所委嘱研究員)

トップへ戻る
ホーム出版物「東洋学術研究」 通巻174号~181号