ホーム出版物「東洋学術研究」 通巻174号~179号

「東洋学術研究」 通巻179号(第56巻第2号)

2017年(平成29年)11月発行  1,238円(税込1,337円)

  

■東洋哲学研究所の創立者である池田大作SGI(創価学会インタナショナル)会長と、東欧屈指の芸術史家であるアクシニア・D・ジュロヴァ博士(ブルガリア科学アカデミー会員)との対談「大いなる人間復興への目覚め」(下)を通巻178号(第56巻第1号)収録の(上)に続いて掲載する。


 会長と博士の語らいは1982年に開始され、すでに対談集『美しき獅子の魂 日本とブルガリア』として結実している。1999年に日本語版が刊行され、翌2000年に発刊されたブルガリア語版は、同国の2001年度「最優秀出版物」に選ばれた。21世紀を迎え、再び開始された対談は、ジュロヴァ博士から2012年末に提案があり、往復書簡を通して進められてた上下2回の掲載。今号では「東西を結んだビザンチン文化」「カトリックと仏教」をはじめ、芸術、教育、女性などについて語られている。

 

■特集は、第32回学術大会(2017年3月19・20日、東洋哲学研究所/創価大学)より、世界仏教徒大学(タイ)のノーラニット・セータブット博士、パッタラポーン・シリカンチャナ博士を招聘して行われた共同シンポジウム「人類的課題と仏教」を収録。「仏教と平和」「仏教と環境」について、両博士と東洋哲学研究所研究員による論考を紹介している。

 

■東洋哲学研究所の企画・制作による「法華経──平和と共生のメッセージ」展の韓国・ソウル展(2016年9月21日~12月21日、池田記念講堂)開幕式でのインド文化国際アカデミー理事長のロケッシュ・チャンドラ理事長の講演内容を掲載する。

 

※掲載時の役職は当時のものです。なお、これまでに発刊された「東洋学術研究」から、主な論文については、ホームページ内の「論文検索」から閲覧することができます。

※ご購入のしかたについては、「ご購入の方法」をご覧下さい。

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

■新連載・文明間対話

 大いなる人間復興への目覚め(下)

 … 池田 大作/アクシニア・D・ジュロヴァ

■特集「人類的課題と仏教」(第32回学術大会/タイ・世界仏教徒大学との共同シンポジウムより)

 仏教と平和

 …  ノーラニット・セータブット(世界仏教徒大学学長)

 核兵器なき未来へ――仏教の平和理念からの考察――

 … 大島京子(東洋哲学研究所研究員)

 仏教に見る環境保全の精神と現代タイの生活

 … パッタラポーン・シリカンチャナ(世界仏教徒大学副学長)

 自然破壊に対する大乗仏教の視点――自然の価値評価の観点から――

 … 山本修一(東洋哲学研究所主任研究員)

■「法華経―平和と共生のメッセージ」韓国展より

 法華経――内なる海のごとく深き教え

 … ロケッシュ・チャンドラ(インド文化国際アカデミー理事長)

 

■寄稿

 中央アジア仏教文化研究者としてのオルデンブルグ

 … M・I・ヴォロビヨヴァ=デシャトフスカヤ(ロシア科学アカデミー東洋古文書研究所顧問)

 鳩摩羅什の出生年について

 … シルヴィ・ウロー(パリ・高等研究実践学院講師)

 ギルギット・ネパール系梵文法華経写本の一考察

 … 小槻 晴明(東洋哲学研究所委嘱研究員)

 

■書評

 ジョヴァンニ・ヴェラルディ著『インドにおける仏教の受難と衰亡』

 … ジョフリー・バンフォード(オックスフォード仏教学研究所役員)

 

〈研究覚え書き〉

 異文化間教育―21世紀の課題 … バーバラ・ドリンク(東洋哲学研究所海外研究員)

 宗廟八幡と宇佐使 … 田村 正孝(東洋哲学研究所委嘱研究員)

トップへ戻る
ホーム出版物「東洋学術研究」 通巻174号~179号