ホーム出版物「東洋学術研究」

「東洋学術研究」 通巻163号(第48巻第2号)

2009年(平成21年)12月発行


■ 文明間対話「平和の架け橋――人間教育を語る」は池田大作創価学会名誉会長(東洋哲学研究所創立者)と中国教育学会の顧明遠会長との往復書簡による対談。第2回となる今回は、魯迅をはじめとする若き日の読書、戦争や文化大革命の体験、慈愛の師との出会いなどが語られ、両者の長い経験のうえから「愛情なくして教育なし、興味なくして学習なし」との指針が強調されています。
 
■ 特別企画として、ヴァシャ・ヴェリノヴァ氏(ソフィア大学)による「精神、智慧、そして経験の力について」の一文を掲載しています。これは、池田SGI会長のブルガリア語版対談集3冊セット(トインビー博士、ペッチェイ博士、ジュロバ博士との対談集)に寄せられた「序文」であり、「人類が『生への選択』を果たすための指標と自覚を与えてくれる」と評価しています。
 
■ 特集「調和ある社会へ――東西精神性の対話」は2009年4月、スペインのレリダ市で行われた「法華経――平和と共生のメッセージ」展、ならびにレリダ大学との共同シンポジウムから、以下の内容を紹介しています。
 
「法華経展」へのメッセージ………………池田大作
仏教に見る調和社会への道 ――法華経を基軸に………………川田洋一
「法華経」における平等思想――SGIの視点………………栗原淑江
「法華経」と「神秘家・十字架のヨハネ」における愛………………F・トラデフロート・フレイセス
 
このほか、以下の論考が掲載されています。
 
■ 寄稿
スーフィーの存在理解………………アンドレイ・スミルノフ
奄美・N集落の都市移住者の個人生活史………………田島忠篤
 
■ 特別セミナーより
文化間対話から見た仏教の正義倫理………………M・フォン・ブリュック
 
■ 「近代化と民主主義」研究会より
もう一つのヨーロッパ近代………………土井美徳
 
■ 一般公開講座より
日本仏教の歩み………………小林正博

 

■ 研究覚え書き
台密研究と日蓮仏法………………土倉宏
ドイツにおける文化の多様性………………蔦木文湖

 

トップへ戻る
ホーム出版物「東洋学術研究」