ホーム出版物「東洋学術研究」

「東洋学術研究」 通巻159号(第46巻第2号 )

2007年(平成19年)11月発行

「東洋学術研究」 通巻158号(第46巻第1号 )

■ 文明間対話「人権の世紀へのメッセージ――“第三の千年”に何が必要か」の連載は第3回。東洋哲学研究所創立者である池田大作SGI会長と、アルゼンチンのノーベル平和賞受賞者、アドルフォ・ペレス・エスキベル博士による対談です。
今回は「女性――第三の千年の担い手」のテーマで、平和を守り、生み出していく「女性の力」について考察されています。


■ 特集は「世界平和と調和と人間主義の詩」です。2007年10月5日、インド・チェンナイで行われた、国際的詩人団体「世界詩歌協会(World Poetry Society Intercontinental)」との共同シンポジウムでの発表論考を紹介しています。
シンポジウムの席上、東洋哲学研究所創立者の池田大作SGI(創価学会インタナショナル)会長に対し、同協会は「池田博士は『世界の民衆』に勇気と希望を贈り続けておられる」とし、「池田博士の詩歌創作と平和への貢献を讃えて」協会として初の「世界民衆詩人(World People’s Poet)」の称号を贈りました。

特集の内容は以下のとおりです。
メッセージ…………池田大作
詩を通じて平和を…………クリシュナ・スリニバス
現代文明と詩心の復権――詩と宗教と宇宙論…………川田洋一
詩人――平和を告げ知らせるもの…………A・パドマナーバン
現代宇宙論と仏教…………山本修一
タゴールの詩――ヒューマニズムのバラード…………バラティ・ムカジー
池田SGI会長の詩における母親像…………二宮由美
日蓮の平和論…………小林正博
このほか、以下の論考が掲載されています。
■ 特別公開講演会より
医学と人間の未来…………フェリックス・ウンガー
「蓮華」の幾何学――人類の未来と中道…………ルー・マリノフ
■ ワールド・パブリック・フォーラム第4回総会より
幸福の倫理と人間革命…………江口満
■ 民主主義の構築:地中海プロジェクトより
人間性と民主主義…………F・M・コッラオ
■ IOPヨーロッパセンター主催特別講演会より
仏教徒に《殺》は許されるか――暴力に対する仏教の態度…………イェンズ=ウーヴェ・ハルトマン
■ 政治と宗教研究会より
ブッシュ共和党政権の福祉政策――新田紀子「思いやりのある保守主義」の紹介を中心に…………松岡泰
靖国神社問題――自著との関わりで…………赤澤史朗
■ 研究覚え書き
<非合理性の復権>の向こう側…………大西克明
湛然とその門下――唐代天台仏教と『法華文句』研究…………松森秀幸
トップへ戻る
ホーム出版物「東洋学術研究」