ホーム出版物「東洋学術研究」

「東洋学術研究」 通巻158号(第46巻第1号 )

2007年(平成19年)5月発行

「東洋学術研究」 通巻158号(第46巻第1号 )

■ 文明間対話「人権の世紀へのメッセージ――“第三の千年”に何が必要か」の連載は第2回。東洋哲学研究所創立者である池田大作SGI会長と、アルゼンチンのノーベル平和賞受賞者、アドルフォ・ペレス・エスキベル博士による対談です。
今回は「人生に影響を与えた人物」「権力の魔性」などについて語られています。


■ 特集は「東洋文化と現代社会――儒教・仏教・道教による哲学対話」です。
これは、香港中文大学の「中国哲学・文化研究センター」と東洋哲学研究所による共同シンポジウム(2006年11月、同大学)の模様を伝えるものです。シンポジウムには、13大学29人の学識者らが出席。儒教、仏教、道教それぞれの今日的意義などに論究しつつ、各思想間の対話を試みました。また、キリスト教や現代の心理学・哲学との関係なども含めて意見を交わしました。

特集の内容は以下のとおりです。
メッセージ…………池田大作
中国哲学研究の再認識――苦境と活路…………労思光 
道家的責任感についての一考察…………劉笑敢
現代社会における菩薩道…………川田洋一
『法華経』における菩薩道と現実世界の重視…………菅野博史
近代中日仏教徒の対話――楊文会と南条文雄の交流…………陳継東
対論から和解へ――狂言『宗論』を通じて…………前川健一
荘子「蝴蝶の夢」の深層分析…………姚治華
法理と屈服――韓愈『仏骨を論ずる表』と儒教・仏教の対話…………黄耀堃
現代社会における宗教の新しい意味――「宗教」概念の脱自明化と可能性…………平良直
■ 連続公開講演会「生命倫理と宗教」より
仏教の世界観から見る生命倫理…………森章司
いのちの始まりの生命倫理――危機の時代の生命科学と宗教文化…………島薗進
人格主義の生命倫理――受精時からのヒト胚の尊厳について…………秋葉悦子
■ 特別公開講演会より
世界の再魔術化――ポストモダンと宗教の復権…………ミシェル・マフェゾリ
■ 政治と宗教研究会より
アメリカにおける政教関係の現在…………千葉眞
■ 研究覚え書き
サンクトペテルブルクの光彩…………佐藤裕子
ヒト受精卵の尊厳性…………前場良太
トップへ戻る
ホーム出版物「東洋学術研究」