ホーム出版物「東洋学術研究」

「東洋学術研究」 通巻147号(第40巻第2号)

2001年(平成13年)12月発行

「東洋学術研究」 通巻147号(第40巻第2号)
■ 特別企画 てい談
「東洋の智慧を語る」〈3〉――池田大作 季羨林 蒋忠新
■ 特集[大乗仏教と現代文明]
中国社会科学院世界宗教研究所との共同シンポジウムより
あいさつ――季羨林
あいさつ――卓新平
あいさつ――川田洋一
平和、生態系と大乗の精神――杜継文
中国華厳宗の性起学説について――魏道儒
『法華経』における常不軽菩薩の実践と中国・日本における受容――菅野博史
観音、地蔵の大乗菩薩の精神と現代社会――張総
創価学会の日本仏教史における位置――宮田幸一
仏教の「中道」思想と多元文化――何勁松
大乗仏教における環境倫理―持戒と智慧の意義――山本修一
■ 特別公開講演会より
自我を超えて―地球一体化に向けての新しい価値観――シタカント・マハパトラ
■ 政治と宗教研究会より
宗教倫理と政治統合―アメリカ合衆国の場合――古矢旬
朝鮮王朝における政治と思想をいかに研究すべきか――朴鴻圭
■ 研究覚え書き
循環の思想―環境工学から環境学への道筋――平塚彰
仏教の社会思想化――松岡幹夫
トップへ戻る
ホーム出版物「東洋学術研究」