ホーム出版物「東洋学術研究」

「東洋学術研究」 通巻144号(第39巻第1号)

2000年(平成12年)5月発行

「東洋学術研究」 通巻144号(第39巻第1号)
■ 特集[東アジアの仏教世界―その歴史的特色と現状]
連続公開講演会より
東アジアの仏教世界――木村清孝
日本の仏教―新しい視座を求めて――末木文美士
韓国仏教の特色と現状――金龍煥
台湾の仏教――蓑輪顕量
中国仏教の歴史的特色と現状――菅野博史
■ 東洋哲学研究所ヨーロッパ・センター講演会より
大乗仏教の基本構造―初期仏教から『法華経』へ――ハィンツ・ベッヒェルト
■ 池田・ジュロヴァ対談『美しき獅子の魂』発刊に寄せて
寛容と民主主義の精神――石神豊
「まだみぬ世界の友」――ヴァーシャ・ヴェリノヴァ
■ 政治と宗教研究会より
宗教的寛容から信教の自由へ――有賀弘
新新宗教(後期新宗教)の政治意識―世俗主義と反世俗主義のせめぎあいの中で――島薗進
明治初期の政教関係――米原謙
■ 寄稿
牧口常三郎と郷土会―内郷村農村調査の参加者とその成果――塩原將行
■ 研究覚え書き
研究と報道――益永茂樹
敦煌の教訓――山田勝久
トップへ戻る
ホーム出版物「東洋学術研究」