ホーム出版物「東洋学術研究」 通巻184号~

「東洋学術研究」 通巻185号(第59巻第2号)

2020年5月発行  1,362円(税込)

  

■新型コロナウイルスが猛威を奮う2020年。感染症の拡大に留まらず、社会や人間を分断する状況が生まれるなかで、創立者・池田大作先生が訴える、自他の生命の結びつきを捉え、他者とつながっていく流れをどのように構築していくのか。この命題に対して、研究所では10月16日、東京大学の市川裕名誉教授を招聘し、オンライン特別てい談「コロナ禍の時代をいかに生きるか――歴史に学ぶ人間への知見――」を行った。特集では、最終回となる「シルクロード――仏教東漸の道(3)」を掲載する。

 

※掲載時の役職は当時のものです。なお、これまでに発刊された「東洋学術研究」から、主な論文については、ホームページ内の「論文検索」から閲覧することができます。

 

※ご購入のしかたについては、「ご購入の方法」をご覧下さい。

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

■特別企画「コロナと人間を語る」

 提言:ポスト・コロナ――“人間の次元”からの新しい変革

 … フェリックス・ウンガー(ヨーロッパ科学芸術アカデミー会長)

 特別てい談:コロナ禍の時代をいかに生きるか――歴史に学ぶ人間への知見――

 … 市川裕(東京大学名誉教授)/石神豊(東洋哲学研究所主任研究員)/山岸伸夫(東洋哲学研究所委嘱研究員)

 

■特集「シルクロード――仏教東漸の道(3)」

 法華経の旅――コータンから敦煌へ

 「すべてを見通す」菩薩とコータン――張小剛論文に対するコメント

 … ロケッシュ・チャンドラ(インド文化国際アカデミー理事長)

 “涼州諸国王”と蜀地方

 … 関尾史郎(新潟大学人文社会科学系フェロー)

 ワフシュ神とラームセート神――バクトリア語文書から見たトハーリスターンにおける宗教事情の一側面――

 … 宮本亮一(京都大学人文科学研究所非常勤研究員)

 ユーラシア東部への瑠璃器の移入と仏教

 … 朴天秀(慶北大学教授、同大学シルクロード調査研究センター長)

 バーミヤーン出土仏教写本の二十年

 … 松田和信(佛教大学教授)

 正倉院宝物の故郷――『東大寺献物帳』の分析から その一

 … 米田雄介(元正倉院事務所長、公益財団法人古代学協会理事)

 キルギスタン・チュー川流域における中世仏教の考古遺産(後編)

 … ヴァレリー・A・コルチェンコ(キルギス共和国国立科学アカデミー歴史・考古・民族学研究所研究員)

 仏教東漸の道――捨身飼虎と求法僧――

 … 大村次郷(写真家)

 

■寄稿

 十五世紀前半のナクシュバンディー教団の導師達とサマルカンドのミールザー・ウルグベク・マドラサの活動との関係

 … ムハンマディホン・J・ブズルコフ(サマルカンド国立大学写本ファンド研究員)

 

〈研究覚え書き〉

 言語学から人間学へ

 … 山岡政紀(東洋哲学研究所委嘱研究員)

 過剰医療と生命の尊厳

 … 薮田礼子(東洋哲学研究所委嘱研究員)

トップへ戻る
ホーム出版物「東洋学術研究」 通巻184号~