ホーム出版物「東洋学術研究」 通巻164号~173号

「東洋学術研究」 通巻164号(第49巻第1号)

   2010年(平成22年)5月発行

 

■ 池田大作創価学会名誉会長(東洋哲学研究所創立者)と中国教育学会の顧明遠会長との往復書簡による対談「平和の架け橋――人間教育を語る」は、第3回。中国と日本の文明の過去と未来について、「トインビー史観の特徴」「文明・文化の定義と淵源」「日本と中国の文化発展」「文化と人間主義の精神――『仁』と『慈悲』」の各章で論じています。

 
■特集は「現代社会と宗教」。中国社会科学院「世界宗教研究所」とのシンポジウム(2009年10月)の模様を紹介しています。

 

 

■連続公開講演会「非暴力の精神の系譜」から、 中島岳志氏(北海道大学公共政策大学院准教授)の「ガンディーの非暴力と政治」、山室信一氏(京都大学教授)の「日本の非暴力思想の水脈とその展開」を掲載しています。

 

 

■ 「近代化と民主主義」研究会での報告は、酒井啓子氏(東京外国語大学教授)による「戦後イラクの政治ブロック形成における社会的紐帯意識の役割」です。イラク戦争後のイラク政治が、しばしば言われるように「宗派に基づく政治運営」なのかどうか、とくに「シーア派優位の政治」という巷説は正しいのか否かを検証しています。 

 

 

特集[現代社会と宗教]

中国社会科学院「世界宗教研究所」とのシンポジウムより

メッセージ   ――――池田大作

開会あいさつ  ――――卓 新平 

中日友好と仏教学者の貢献 ――――楊 曽文 

中国仏教と現代社会―太虚・印順を中心として紹介――――魏 道儒 

玄学・禅学の合流と書法芸術の自覚――禅意としての書画の現代的意義 ――――何 勁松 

宗教の社会的役割と文化的機能に関する再認識――宗教と冷戦後国際的に焦点となった問題から触発された理論的省察 ――――張 志剛                       

 仏教に見る共生の思想――その現代的意義をさぐる―――― 川田洋一 

『法華経』における地涌菩薩について―現実世界への関与――――菅野博史 

「持続可能性」と仏教――人間の生活の質と幸福度の視点から――――山本修一 

近代日蓮主義と生命論 ―――― 前川健一

 

公開講演会より

ガンディーの非暴力と政治 ――――中島岳志

日本の非暴力思想の水脈と その展開 ―――― 山室信一  

ゲーテのなかの日本、日本のなかのゲーテ ―――― マンフレート・オステン

 

■ 「近代化と民主主義」研究会より

戦後イラクの政治ブロック形成における社会的紐帯意識の役割 ――――酒井啓子

 

 

■ 研究覚え書き

 女性のエンパワーメントと社会の発展 ――――宮本基杖 

法華経・日蓮研究用ウェブサイト ――――三好楠二郎 

 

 

 

トップへ戻る
ホーム出版物「東洋学術研究」 通巻164号~173号