ホーム出版物「東洋学術研究」 通巻164号~173号

「東洋学術研究」 通巻173号(第53巻第2号)

 2014年(平成26年)11月発行

 

■ 特集は、[イスラームとの対話]。マレーシア・クアラルンプールで開催された「イスラームと仏教の対話」会議より、同国のジョセフ・クルップ首相府大臣の基調講演と会議レポートを紹介。さらに、東洋哲学研究所での日本人研究者4名による「イスラーム・レクチャー」、マレーシアのイスラーム理解研究所のニック・ムスタファ事務総長による講演を収録しています。

第29回学術大会「人類の未来と仏教の可能性」では、オックスフォード仏教学研究所のリチャード・ゴンブリッチ所長、スレン・ラーガヴァン研究員の論考等を掲載。また、2014年度連続公開講演会「地球文明への道」から、第3回となるクィーンズランド工科大学シェリル・デーシャ上級講師による講演を紹介しています。※第1・2・4・5回は、2015年第1号に収録

--------------------------------------------------------------------------------

■特集[イスラームとの対話]
  
 ○マレーシアでの「イスラームと仏教の対話」会議より
  基調講演 … ジョセフ・クルップ
  会議レポート … マレーシア創価学会

 ○イスラーム・レクチャーより
  イスラームと仏教 … 鎌田繁
  プロティノスからバルザフの入口へ … 堀江聡
  イスラーム哲学における「個人」の問題 … 小林剛
  現代スンナ派イスラームにおける「正統」を巡る解釈
   ―シリアとサウジアラビアの宗教言説を事例に― … 高尾賢一郎

 
    ○講演会より
     経済発展への文明的アプローチ:イスラームの視座 … ニック・ムスタファ


 ■第29回学術大会「人類の未来と仏教の可能性」より

 人類の未来に対する仏教の可能性 … リチャード・ゴンブリッチ

 仏教の(脱)民族化
   ――グローバル化した世界秩序のために … スレン・ラーガヴァン

 仏教は絶対平和主義か … 松岡幹夫
  多文化主義・ポスト世俗主義と仏教的世界観 … 大西克明

■連続公開講演会「地球文明への道」より
  ファクター5 地球の持続可能性に向けて
   ――少ない資源で豊かな社会を … シェリル・デーシャ


 〈研究覚え書き〉
  舞台と研究――能狂言に魅せられて … 藤岡道子

 企業システムと五陰仮和合 … 光國光七郎

トップへ戻る
ホーム出版物「東洋学術研究」 通巻164号~173号