ホーム法華経写本ニュース

日本宗教学会学術大会に「法華経写本シリーズ」の展示ブース



日本宗教学会の第74回学術大会が9月4~6日、東京・八王子市の創価大学で開催された。

 

東洋哲学研究所では、研究成果公開事業の一貫として、国内外の学術者が集う大会会場で「法華経写本シリーズ」の展示ブースを開設した。

 

ブースでは、1997年以来、世界各国の学術機関及び研究者の協力を得て、研究・編纂を行ってきた成果として出版した16点の法華経写本の写真版・ローマ字版を展示。また、同シリーズをまとめたパネルやガイドブックを紹介した。

 

同シリーズは、現在までに「ネパール系写本」「ギルギット系写本」「中央アジア系写本」の梵文法華経の3系統に属する重要な写本が収録されている。これにより、世界の研究者に梵文法華経写本研究の将来の礎たり得る資料提供を行っている。

トップへ戻る
ホーム法華経写本ニュース