ホーム法華経写本概要東大写本(T8)

創価学会「法華経写本シリーズ」5 概要

『東京大学総合図書館所蔵 梵文法華経写本(No. 414)ローマ字版』


創価学会「法華経写本シリーズ」5となる本書は、河口慧海が1903年にネパールから将来した紙写本のローマ字版である。奥書に書写年代に関する記述がないので、推測の域を出ないが、この写本は、17-18世紀に書写されたと考えられる。合計で118葉あるが、第107葉が散逸し、第119葉裏(119b)の縁起偈が途中で中断しているので、少なくとも第120葉まではあったはずである。終始、一人の書写生によって、麗筆のランジャナー文字で書かれ、誤写、欠落が比較的少ない、良質の写本である。第1葉裏(1b)の中央に描かれた仏陀と弟子たちの彩色画は、他の紙写本のものと比べると格段に精密に描かれている。


この写本は、1908年から1912年にかけてサンクトペテルブルクで出版された「ケルン・南條本」といわれる校訂本の校合に使用された写本の一つである。そのために、この写本の学術的価値はよりいっそう高まったといえる。


ネパール系の梵文法華経写本は、10-13世紀頃に書写された貝葉写本群と17-19世紀頃に書写された紙写本群に大別されるが、この紙写本には、両者の要素がみられる。貝葉写本群との関連では、「ネパール国立公文書館所蔵写本(No. 5-144)」とカトマンズの「アーシャー古文書館所蔵断簡」にほぼ一致し、紙写本群との関連では、「英国・アイルランド王立アジア協会所蔵写本」と、そのグループの紙写本群に極めて近い読みを保有している。

トップへ戻る
ホーム法華経写本概要東大写本(T8)