ホーム法華経写本概要パリ・アジア協会写本

創価学会「法華経写本シリーズ」8 概要

『パリ・アジア協会所蔵 梵文法華経写本―ローマ字版』


1837年、ネパール駐在イギリス公使だったブライアン・H・ホジソン(1800―1894年)は、ネパールで入手した貴重な仏教経典の数々を、フランスの「パリ・アジア協会」に送った。


ヨーロッパにおける仏教研究の草分けの一人である同協会のユジェーヌ・ビュルヌフ(1801―1852年)は、さまざまな経典の中に、完全な法華経の梵文写本を発見した。彼は、この梵文写本のフランス語への翻訳を即座に開始し、1839年に完成。さらに精細な注記を加え、1852年に出版された。ヨーロッパの言語としては初となるフランス語訳「法華経」は、哲学・思想界に衝撃を与えるものとなった。


基礎研究を進める仏教文献学者の間では、フランス語訳の底本となった、この写本のローマ字化が久しく待望されていた。今回の出版は、ビュルヌフ訳から150余年を経た世界初の快挙である。ローマ字版は、小槻晴明氏(東洋哲学研究所委嘱研究員)が完成させた労作。


小槻氏は語っている。「ビュルヌフ訳の思想的・学術的意義の大きさは、計り知れません。日本で法華経といえば鳩摩羅什の『妙法蓮華経』が主に研鑚されてきましたが、今回のローマ字化により、梵文原典とフランス語訳からの比較・検討という新たなアプローチが可能になりました。大乗仏教がヨーロッパ世界にどう受け入れられてきたか―その原点が明らかになるとともに、文献学的にも貴重な基礎資料となるでしょう。大乗仏教の精神を現代に展開する池田SGI(創価学会インタナショナル)会長によって、SGIが世界190カ国・地域に広がった今、法華経研究にも新たな地平が開けることを心から念願しています」

トップへ戻る
ホーム法華経写本概要パリ・アジア協会写本