ホーム法華経写本概要ケンブリッジ写本(C5)

創価学会「法華経写本シリーズ」10 概要

『ケンブリッジ大学所蔵 梵文法華経写本(Add.1684)―ローマ字版』


 
 

この写本は、ネパール暦185年(西暦1064年か1065年)に書写されたものとされる。世界最初の梵文法華経の校訂本「ケルン・南條本」(1908~1912年)の底本の一つとして使用された。

 

編著者の小槻晴明氏(東洋哲学研究所委嘱研究員)は、これまで、この法華経写本シリーズの5. 「東大写本 No. 414」 (T8)、7. 「英国・アイルランド王立アジア協会写本 No. 6」 (R)、8. 「パリ・アジア協会写本」 No. 2 (P3) も担当してきた。

それについて、同氏は「謝辞」の中で、この作業の根底に一貫して流れていたのは、「ネパール系写本のグループ分け」が可能であることを実証しようという恩師・戸田宏文氏の根本思想であったと述べており、巻末の「Appendix (付録) 」 “A New Classification of the Nepalese Manuscripts of the Saddharmapuṇḍarīkasūtra (1) ”において、ネパール系諸写本の新たな視点からの分類への試みを提起している。

 

また、この写本と他の諸写本との関係については、「序」において詳説されている。

トップへ戻る
ホーム法華経写本概要ケンブリッジ写本(C5)