ホーム法華経写本概要プリンストン大学図書館・西夏文

創価学会「法華経写本シリーズ」16 概要

『プリンストン大学図書館所蔵西夏文妙法蓮華経――写真版及びテキストの研究』

img width=img width=

西夏は11~13世紀、中国西北部の要衝に覇を唱えた国家である。西夏文字も西夏語も使用者は絶えたものの、同地で興隆した仏教文化は、大量の仏教文献の形で現在に残る。また近年の研究で、その後の中国仏教にも少なからぬ影響を与えたことが顕かになっている。西夏の研究は現在でも、中国、ロシア、日本をはじめ、世界の研究者によって継続されている。

 

文献の主体となる仏教文献が、西夏のみならず東アジア・中央アジアの仏教研究にとって重要な位置を占めることは論を俟たないが、文献を用いた西夏語研究にとってもきわめて有用なものといえる。西夏文字は、時に非常に複雑な字形であり、漢字と異なる筆画を持つこともあるので、個々の文献について、原文の鮮明なテキスト、録文、訳注が公開されることが望ましい。

 

1990年代以降、ロシア所蔵コレクションが公開されたこと、特に2000年代以降、中国の研究が飛躍的に高まったことから、西夏学は大きく変貌しつつある。中国の出版社によって、ロシア、中国、イギリス、フランス、そして日本の西夏文献が、大型写真図録で公刊され、現在でも出版が続いている。東洋哲学研究所では2005年に『ロシア科学アカデミー東洋学研究所サンクトペテルブルク支部所蔵西夏文妙法蓮華経写真版 (鳩摩羅什訳対照)』を刊行した。同書は、ロシア科学アカデミー東洋学研究所サンクトペテルブルク支部(現・ロシア科学アカデミー東洋古文書研究所)に所蔵される、西夏文「妙法蓮華経」を鮮明な写真版の形で発刊したものである。

 

本書は、アメリカ・プリンストン大学図書館に所蔵される妙法蓮華経の世界初の研究書である。ロシア所蔵本には現存しない、完全な「巻四」のテキスト部分および、西夏文を伴う仏図を収録したもので、これに東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所の荒川慎太郎准教授による詳細な研究を加えている。今回の刊行によって、西夏文妙法蓮華経の研究の一層の推進が望まれている。

トップへ戻る
ホーム法華経写本概要プリンストン大学図書館・西夏文