ホーム法華経写本概要N3写本・ローマ字版

創価学会「法華経写本シリーズ」15 概要

『ネパール国立公文書館所蔵梵文法華経写本(No.5ー144)――ローマ字版』



本書は「法華経写本シリーズ」のシリーズ通巻17点目の発刊となる。

1997年に同シリーズの第1点目である『旅順博物館所蔵梵文法華経断簡――写真版及びローマ字版』の刊行以来、第1期から第3期を経るなかで、研究活動は「ギルギット・ネパール系梵文法華経校訂本」の発刊を目指して進められてきた。「ネパール国立公文書館所蔵梵文法華経写本(No. 5-144)――ローマ字版」(略号N3)は、第3期の成果の第1冊目となるものである。

本書に収録した写本は、散逸している第1葉の法華讃偈で始まり、第26章「普賢菩薩勧発品」の冒頭辺りの第120葉までが現存。それより後の貝葉は散逸している。また、残存する120葉の貝葉のすべてが完全な状態ではなく、破損状態が激しいものも少なくない。

本書の最大の特色は、ローマ字化したN3のテキストに加えて、写本N3とギルギット系の4種の写本(7世紀頃)およびN3以外のネパール系の15種の貝葉写本(11~13世紀頃)を精査し、N3と諸写本のテキストとの関係を、多変量解析の手法で分析し、その一致度の分析結果を表とグラフにして、可視化したことである。

このような新たな手法を駆使することよって、それぞれの写本が、どのようなグループにまとまっているのかが一目瞭然となり、各グループの類似性が高いか低いかも容易に判断できるようになる。今回の発刊は、法華経の原典研究に新たな地平を開くものであり、学術的にも重要な意義を持つものであると言えよう。

トップへ戻る
ホーム法華経写本概要N3写本・ローマ字版