ホームSearch Results論文検索

検索結果

「その他」に関する論文が 154 件ありました。


No. タイトル 筆者 雑誌名▽ 発行年 PDF
1 〈異文化〉との出会い-〈表象〉としての〈文化〉 荒木正純 論集 1号 1999年
2 宗教的寛容への一つの視点 石神豊 論集 1号 1999年
3 狂言の絵画資料の収集─その7─京都市立芸術大学 芸術資料館所蔵の望月家能楽資料から─ 藤岡道子 紀要  30号 2014年
4 劉璋政権について─漢魏交替期の益州と関中・河西回廊 満田剛 紀要  32号 2016年
5 Long Day’s Journey into Night-Formation of the complexity of behavioral pattern resulting from the combination of social hierarchical layer and deep psychological layer-Part Ⅰ 大野久美 紀要  32号 2016年
6 エイズ流行の現状と課題 李文昇 紀要 7号 1991年
7 エイズをめぐる生命倫理(1)-スクリーニング検査の現状と患者のプライバシー保護 李文昇 紀要 10号 1994年
8 血友病患者のエイズ禍における現状と課題 李文昇 紀要 12号 1996年
9 清末中国人留日学生と『人生地理学』―「浙江潮」を通して 高橋強 紀要 19号 2003年
10 Kann ein totalitärer Staat seine Macht durch die Erziehung „neuer Menschen ausbauen?-- Überlegungen zu den Indoktrinationsversuchen der staatlichen Erziehung in der DDR バーバラ・ドリンク 紀要 25号 2009年
11 Why Go to School? A Comparison Study of the Japanese and German Sociology of Mentality Concerning Questions Of Motivation for Learning and Performance バーバラ・ドリンク 紀要 26号 2010年
12 Wholeness and Pride: Building Blocks of a Humanitarian Education バーバラ・ドリンク 紀要 27号 2011年
13 Was ist ein Guter Vater? バーバラ・ドリンク 紀要 28号 2012年
14 The Multilayer Diversity of Soliloquy in Eugene O’Neill’s Strange Interlude 大野久美 紀要 28号 2012年
15 ショーペンハウアー法哲学の成立史――カント・フィヒテの自然法論との関係―― 伊藤貴雄 紀要 28号 2012年
16 孫策・周瑜の「断金」の交わりの歴史的背景――孫氏と周氏・袁氏・朱氏 満田剛 紀要 28号 2012年
17 宋代における西アジア商人の活動―「舶主」から「綱首」へ 百田篤弘 紀要 29号 2013年
18 Dynamo: Complication and Obscurity 大野久美 紀要 29号 2013年
19 移植医療における臓器の配分について 李文昇 紀要 29号 2013年
20 狂言の絵画資料の収集―その6 ―「古能狂言之図」の一群を解読する― 藤岡道子 紀要 29号 2013年
21 環濟『呉紀』輯本 満田剛 紀要 29号 2013年
22 宋代における西アジア商人――「蕃客」について 百田篤弘 紀要 30号 2014年
23 School is More than Just a Place to Learn;School is, First and Foremost, a Place to Live バーバラ・ドリンク 紀要 30号 2014年
24 Challenges of a Developmental Idea towards Sustainability サティッシュ・M・クマール 紀要 30号 2014年
25 Days Without End—Mortality and Immortality of Life Cycle— 大野久美 紀要 30号 2014年
26 V.ナボコフの作品における円環構造とシンメトリーにまつわる形象のパターンについて─殺意の前兆、犬、カーブ、鏡そして殺人―小説『ロリータ』および、2つの映画『ロリータ』から解き明かす試み─ 寒河江光徳 紀要 30号 2014年
27 膨張宇宙について~「中論」観因縁品第一の八事に基づく考察 青木宏 紀要 30号 2014年
28 ディルタイをめぐる西田哲学と牧口思想 石神豊 紀要 30号 2014年
29 ニーチェ的生と牧口価値論(1) 尾熊治郎 紀要 30号 2014年
30 True Nature of Pipe Dream 大野久美 紀要 31号 2015年
31 『マーシェンカ』(ウラジーミル・ナボコフ)におけるテレパシーの思想と「光の明滅」のイメージについて~ナボコフの『アンナ・カレーニン』(レオ・トルストイ)論とその比較考察~ 寒河江光徳 紀要 31号 2015年
32 美術館のより広い公共性を求めて(1)――展示空間・ホワイト・キューブに代わるもの―― 百田篤弘 紀要 31号 2015年
33 Thinking 'Dignity' as a basis toward inclusive development サティッシュ・M・クマール 紀要 31号 2015年
34 ミメーシスとは何か ウラジーミル・ナボコフの作品を通して読みの「再現」と描写による「再現」の意味を考える 寒河江光徳 紀要 32号 2016年
35 トインビーの人間学的宗教観 石神豊 紀要 第33号 2017年
36 現在の貧困・格差の現状と課題―幸福平和学への序論Ⅰ― 岩木秀樹 紀要 第33号 2017年
37 北条一門の内紛―二月騒動・嘉元の乱再考― 梶川貴子 紀要 第33号 2017年
38 太郎冠者の居場所 藤岡道子 紀要 第33号 2017年
39 現代表象文化における「涙・笑い」、「死・生」のアンビヴァレンスについて―グロテスク、グロテスク・リアリズムの視点から考察する試み― 寒河江光徳 紀要 第33号 2017年
40 蜀漢・諸葛亮の北伐戦略と隴西・河西回廊の非漢族について─後漢・三国期の羌・「涼州諸國王」 満田剛 紀要 第33号 2017年
41 自殺現象に関する考察―日本国民の自殺の動向について― 山口力 紀要 第33号 2017年
42 Long Day’s Journey into Night―Formation of the complexity of behavioral pattern resulting from the combination of social hierarchical layer and deep psychological layer―PartⅡ 大野久美 紀要 第33号 2017年
43 牧口伝説のかなたに見えるもの 上藤和之 紀要 第34号 2018年
44 トインビー宗教論と『二十一世紀への対話』―“究極の実在”をめぐる東西精神の対話― 石神豊 紀要 第34号 2018年
45 大規模民間企業における経営管理と心根(こころね)の事例研究―猜疑・不満・不信を乗り越えて― 光國光七郎 紀要 第34号 2018年
46 戦争原因の研究Ⅰ―農耕牧畜の開始と国家の成立― 岩木秀樹 紀要 第34号 2018年
47 得宗被官平氏の系譜―盛綱から頼綱まで― 梶川貴子 紀要 第34号 2018年
48 「木六駄」の謎と絵画 藤岡道子 紀要 第34号 2018年
49 清末民初における北京の慈善事業史―「慈善」という用語に着目して― 大江平和 紀要 第34号 2018年
50 奉仕と給仕のあいだ インド都市部におけるグルメ・プラサーダムの公共文化 山岸伸夫 紀要 第34号 2018年
51 Dealing with Heterogeneity in the School Class バーバラ・ドリンク 紀要 第34号 2018年
52 『アルタシャーストラ』におけるスパイ活動(上) 上村勝彦 東洋学術研究
通巻107号(23巻2号)
1984年
53 古代エジプトのピラミッドについて ジャン・ルクラン 東洋学術研究
通巻107号(23巻2号)
1984年
54 『アルタシャーストラ』におけるスパイ活動(下) 上村勝彦 東洋学術研究
通巻108号(24巻1号)
1985年
55 〈対談〉近代化とナショナリズム 桑原武夫/樋口謹一 東洋学術研究
通巻114号(27巻1号)
1988年
56 フランス革命の人権宣言―1789年と1793年 河野健二 東洋学術研究
通巻114号(27巻1号)
1988年
57 ナショナリズムと人権についての今日的考察 高村忠成 東洋学術研究
通巻114号(27巻1号)
1988年
58 〈対談〉日本社会の“国際化”と文化構造 加藤周一/河合隼雄 東洋学術研究
通巻116号(27巻3号)
1988年
59 地球環境と人の脳 角田忠信 東洋学術研究
通巻118号(28巻2号)
1989年
60 脳から魂への架橋-精神医学の立場から 小田晋 東洋学術研究
通巻118号(28巻2号)
1989年
61 ユングと共時性 秋山さと子 東洋学術研究
通巻118号(28巻2号)
1989年
62 情報社会概念の系譜と情報化が宗教に及ぼす影響 伊藤陽一 東洋学術研究
通巻119号(28巻3号)
1989年
63 世論についての断想 高橋直之 東洋学術研究
通巻119号(28巻3号)
1989年
64 中国と韓国の道徳哲学から見た日本の家族イデオロギー 趙承福 東洋学術研究
通巻120号(28巻4号)
1989年
65 農学史からの「科学」見直し 筑波常治 東洋学術研究
通巻120号(28巻4号)
1989年
66 国際化の中の日本文化と日本人 祖父江孝男 東洋学術研究
通巻123号(29巻3号)
1990年
67 日本文明の「世界化」と日本文化の「国際化」 濱口恵俊 東洋学術研究
通巻123号(29巻3号)
1990年
68 近代日本における「思想」の意味 キャロル・グラック 東洋学術研究
通巻123号(29巻3号)
1990年
69 日本人論・日本文化論・日本社会論 河村望 東洋学術研究
通巻123号(29巻3号)
1990年
70 西と東における文化概念の原型-カルチャーの原義と縁起思想にみる自然への配慮 安永寿延 東洋学術研究
通巻123号(29巻3号)
1990年
71 経済と環境と宗教―経済学の新しい視点を求めて 八巻節夫 東洋学術研究
通巻123号(29巻3号)
1990年
72 コスモスとしての東アジア―日本からみた 千田稔 東洋学術研究
通巻124号(29巻4号)
1990年
73 茶湯の思想・断章-生活文化にみる日常性と非日常性 村井康彦 東洋学術研究
通巻124号(29巻4号)
1990年
74 司馬遷の『史記』に思う バートン・ワトソン 東洋学術研究
通巻124号(29巻4号)
1990年
75 アフリカのこころ―アフリカ人の意識革命を中心に 土屋哲 東洋学術研究
通巻127号(30巻3号)
1991年
76 アフリカの文化―西洋及び東洋の文化との比較 サンガ・N・カザディ 東洋学術研究
通巻127号(30巻3号)
1991年
77 複合社会アフリカの論理―カメルーン・バムン王権社会における複合社会の形成メカニズム 和崎春日 東洋学術研究
通巻127号(30巻3号)
1991年
78 アフリカの伝統的遺産―その弾力的価値観と変化する慣習 ジェス・N・K・ムガンビ 東洋学術研究
通巻127号(30巻3号)
1991年
79 ケニアの児童文学―植民地時代以前 アセナス・B・オダガ 東洋学術研究
通巻127号(30巻3号)
1991年
80 西アフリカの昔話―異類婚姻譚を切り口として 江口一久 東洋学術研究
通巻127号(30巻3号)
1991年
81 アフリカの詩を語る―詩を武器としてアパルトヘイトと戦う オズワルド・M・ムチャーリ 東洋学術研究
通巻127号(30巻3号)
1991年
82 現代アフリカの危機 米山俊直 東洋学術研究
通巻127号(30巻3号)
1991年
83 経済の力は自由にあり―ソ連経済のあり方(1) ワレンチン・P・フョードロフ 東洋学術研究
通巻127号(30巻3号)
1991年
84 経済の力は自由にあり―ソ連経済のあり方(2) ワレンチン・P・フョードロフ 東洋学術研究
通巻128号(31巻1号)
1992年
85 <研究レポート>イスラーム・スペインにおける言語事情―“Substratum”理論からの一考察 石原忠佳 東洋学術研究
通巻129号(31巻2号)
1992年
86 自然との共生―クロマツをめぐる環境民俗学 野本寛一 東洋学術研究
通巻130号(32巻1号)
1993年
87 直観原理に基づく地理教育の系譜と牧口常三郎 中川浩一 東洋学術研究
通巻133号(33巻2号)
1994年
88 ベトナム国民と牧口教育学―『創価教育学体系』のベトナム語版の発刊に寄せて グェン・ゴック・ジャウ 東洋学術研究
通巻133号(33巻2号)
1994年
89 牧口常三郎と価値創造―人間教育をめざして サティッシュ・M・クマール 東洋学術研究
通巻133号(33巻2号)
1994年
90 創価教育学と教育の未来 村井実 東洋学術研究
通巻133号(33巻2号)
1994年
91 地球社会への移行 カラン・シン 東洋学術研究
通巻134号(34巻1号)
1995年
92 <対談>新たな文明の創造を目指して―現代社会の抱える課題 佐和隆光/川田洋一 東洋学術研究
通巻139号(36巻2号)
1997年
93 自己否定の文明と自己肯定の文明 安田喜憲 東洋学術研究
通巻139号(36巻2号)
1997年
94 21世紀における文明システムの転換 鬼頭宏 東洋学術研究
通巻139号(36巻2号)
1997年
95 高齢化の時代と福祉 福島勝彦 東洋学術研究
通巻140号(37巻1号)
1998年
96 健康長寿法―長寿をもとめ健やかに老いる 野田喜代一 東洋学術研究
通巻140号(37巻1号)
1998年
97 高齢社会と女性 樋口恵子 東洋学術研究
通巻140号(37巻1号)
1998年
98 自然界における生と死 小原秀雄 東洋学術研究
通巻143号(38巻2号)
1999年
99 寛容と民主主義の精神  石神豊 東洋学術研究
通巻144号(39巻1号)
2000年
100 牧口常三郎と郷土会―内郷村農村調査の参加者とその成果  塩原將行 東洋学術研究
通巻144号(39巻1号)
2000年
101 自我を超えて―地球一体化に向けての新しい価値観  シタカント・マハパトラ  東洋学術研究
通巻147号(40巻2号)
2001年
102 中日文化の比較研究 賈蕙萱 東洋学術研究
通巻150号(42巻1号)
2003年
103 民主主義・教育・価値創造 ラリー・A・ヒックマン 東洋学術研究
通巻150号(42巻1号)
2003年
104 現代におけるガンジーの教育思想の重要性について V・N・ラジャシェーカラン・ピライ 東洋学術研究
通巻151号(42巻2号)
2003年
105 21世紀の中日関係のあり方 周季華 東洋学術研究
通巻151号(42巻2号)
2003年
106 21世紀はアジアの世紀―インドと日本 アフターブ・セット 東洋学術研究
通巻154号(44巻1号)
2005年
107 加速する時間あるいは人間の自己破壊―21世紀におけるゲーテの現実性 マンフレート・オステン 東洋学術研究
通巻154号(44巻1号)
2005年
108 ゲーテと仏教――「それより永遠の空虚のほうが、おれは好きだ」 マンフレート・オステン 東洋学術研究
通巻155号(44巻2号)
2005年
109 サンクトペテルブルクの光彩 佐藤裕子 東洋学術研究
通巻158号(46巻1号)
2007年
110 成人化していない社会における男性性の危機            ホルスト・E・リヒター 東洋学術研究
通巻160号(47巻1号)
2008年
111 免疫抑制が重要な臓器移植 安尾美年子 東洋学術研究
通巻161号(47巻2号)
2008年
112 社会の変化からみた心の病 阿部惠一郎 東洋学術研究
通巻162号(48巻1号)
2009年
113 「グローバル・『三国志』」 満田剛 東洋学術研究
通巻165号(49巻2号)
2010年
114 単細胞(原始的生命体)に学ぶ生命知のからくり 中垣俊之 東洋学術研究
通巻166号(50巻1号)
2011年
115 脳と心の動きを見る――科学技術の最前線 根本正史 東洋学術研究
通巻166号(50巻1号)
2011年
116 「もっと光を!」 ――生物と光の密接な関係 木暮信一 東洋学術研究
通巻166号(50巻1号)
2011年
117 東洋哲学研究所創立50周年への祝辞 カレル・ドベラーレ 東洋学術研究
通巻167号(50巻2号)
2011年
118 東洋哲学研究所創立50周年への祝辞 卓新平 東洋学術研究
通巻167号(50巻2号)
2011年
119 東洋哲学研究所創立50周年への祝辞 ベッド・P・ナンダ 東洋学術研究
通巻167号(50巻2号)
2011年
120 東洋哲学研究所創立50周年への祝辞 M・I・ヴォロビヨヴァ=デシャトフスカヤ 東洋学術研究
通巻167号(50巻2号)
2011年
121 東洋哲学研究所創立50周年への祝辞 ジム・ガリソン 東洋学術研究
通巻167号(50巻2号)
2011年
122 東洋哲学研究所創立50周年への祝辞 アドルフォ・ペルス=エスキベル 東洋学術研究
通巻167号(50巻2号)
2011年
123 東洋哲学研究所創立50周年への祝辞 ルー・マリノフ 東洋学術研究
通巻167号(50巻2号)
2011年
124 東洋哲学研究所創立50周年への祝辞 マンフレート・オステン 東洋学術研究
通巻167号(50巻2号)
2011年
125 東洋哲学研究所創立50周年への祝辞 N・ラダクリシュナン 東洋学術研究
通巻167号(50巻2号)
2011年
126 東洋哲学研究所創立50周年への祝辞 アクシニア・ジュロヴァ 東洋学術研究
通巻167号(50巻2号)
2011年
127 東洋哲学研究所創立50周年への祝辞 赤池憲昭 東洋学術研究
通巻167号(50巻2号)
2011年
128 東洋哲学研究所創立50周年への祝辞 島薗進 東洋学術研究
通巻167号(50巻2号)
2011年
129 東洋哲学研究所創立50周年への祝辞 末木文美士 東洋学術研究
通巻167号(50巻2号)
2011年
130 東洋哲学研究所創立50周年への祝辞 中村廣治郎 東洋学術研究
通巻167号(50巻2号)
2011年
131 東洋哲学研究所創立50周年への祝辞 西田龍雄 東洋学術研究
通巻167号(50巻2号)
2011年
132 東洋哲学研究所創立50周年への祝辞 前田專學 東洋学術研究
通巻167号(50巻2号)
2011年
133 ナーランダ大学の復興計画 ゴーパ・サバロワール 東洋学術研究
通巻167号(50巻2号)
2011年
134 デュ―イと池田大作氏の教育目的論についての一考察 原青林 東洋学術研究
通巻172号(53巻1号)
2014年
135 生きることと学ぶこと 「生きる力」を養う「総合的な学習の時間」 伊藤敦美 東洋学術研究
通巻172号(53巻1号)
2014年
136 いじめの悲劇を繰り返さないために 戸田有一 東洋学術研究
通巻172号(53巻1号)
2014年
137 歴史学における主観性の問いなおし 村上信明 東洋学術研究
通巻172号(53巻1号)
2014年
138 文学作品を読むこと―二項対立の超克を試みて 寒河江光徳 東洋学術研究
通巻172号(53巻1号)
2014年
139 基調講演 クルップ,ジョセフ 東洋学術研究
通巻173号(53巻2号)
2014年
140 会議レポート マレーシア創価学会 東洋学術研究
通巻173号(53巻2号)
2014年
141 プロティノスからバルザフの入口へ 堀江聡 東洋学術研究
通巻173号(53巻2号)
2014年
142 現代スンナ派イスラームにおける「正統」を巡る解釈 高尾賢一郎 東洋学術研究
通巻173号(53巻2号)
2014年
143 経済発展への文明的アプローチ:イスラームの視座 ムスタファ,ニック 東洋学術研究
通巻173号(53巻2号)
2014年
144 多文化主義・ポスト世俗主義と仏教的世界観 大西克明 東洋学術研究
通巻173号(53巻2号)
2014年
145 ファクター5 地球の持続可能性に向けて―少ない資源で豊かな社会を シェリル・デーシャ 東洋学術研究
通巻173号(53巻2号)
2014年
146 基礎研究と開発研究―その現在と未来 道川誠 東洋学術研究
通巻177号(55巻2号)
2016年
147 『世界地名大事典』の執筆に携って 池永啓介 東洋学術研究
通巻180号(57巻1号)
2018年
148 憲法における人間の尊厳と個人の尊厳 上田宏和 東洋学術研究
通巻180号(57巻1号)
2018年
149 The Significance of Makiguchi Tsunesaburo's Jinsei chirigaku (Geography of Human Life) in the Intellectual History of Geography in Japan:Commemorating the Centenary of Its Publication 竹内啓一 Journal Vol. 14 2004年
150 A Vision of 21st Century Oriental Thought: From the Symposium Cosponsored by the Daisaku Ikeda Research Society of Beijing University:The Starting Point of Eastern Thought in the 21st Century 川田洋一 Journal Vol. 15 2005年
151 I'd Rather Have Eternal Emptiness-—Goethe and Buddhism マンフレート・オステン Journal Vol. 16 2006年
152 The Revival Plan of Nalanda University ゴーパ・サバロワール Journal Vol. 21 2011年
153 Humane Education, A Bridge to Peace (5) 池田大作/顧明遠 Journal Vol. 23 2013年
154 Special Series: The Challenge of Global Transformation--Humanity and the Environment (1) 池田大作 / ヴァイツゼッカー,エルンスト・U・フォン Journal Vol. 24 2014年

トップへ戻る
ホームSearch Results論文検索