ホームSearch Results論文検索

検索結果

「宗教学」に関する論文が 194 件ありました。


No. タイトル 筆者 雑誌名 発行年 PDF
1 新宗教と近代性 ―日本社会における新宗教論を通して― 大西克明 紀要 第33号 2017年
2 大地の思想と現代世界 氣多雅子 東洋学術研究
通巻178号(56巻1号)
2017年
3 トインビーと宗教 川窪啓資 東洋学術研究
通巻178号(56巻1号)
2017年
4 十九世紀から二十世紀初頭におけるロシアの中央アジア探険隊 I・F・ポポワ 東洋学術研究
通巻178号(56巻1号)
2017年
5 中国語世界における経典 ジェローム・デュコール 東洋学術研究
通巻178号(56巻1号)
2017年
6 ウジェーヌ・ビュルヌフ、仏教研究の父 ドミニック・トロティニョン 東洋学術研究
通巻178号(56巻1号)
2017年
7 仏教経典――卓越した精神遺産 ドミニック・トロティニョン 東洋学術研究
通巻178号(56巻1号)
2017年
8 新宗教における高齢化と教団形態─「なかま・官僚制連結モデル」の行方─ 大西克明 紀要 32号 2016年
9 自然災害と仏教者の活動 ―東日本大震災をめぐって― 大西克明 東洋学術研究
通巻177号(55巻2号)
2016年
10 信仰の合理性――現代カトリシズムの公共性をめぐって 岩本潤一 東洋学術研究
通巻177号(55巻2号)
2016年
11 地球的危機における公共哲学の役割 山脇直司 東洋学術研究
通巻176号(55巻1号)
2016年
12 Buddhist Organizations and Their Response to Natural Disasters 大西克明 Journal Vol. 26 2016年
13 (De)ethnicizing Buddhism for a Globalized World Order スレン・ラーガヴァン Journal Vol. 24 2014年
14 気候変動への対応―仏教者は何を貢献できるか カーザ・ステファニー 東洋学術研究
通巻172号(53巻1号)
2014年
15 Buddhist Contributions to Climate Response カーザ・ステファニー Journal Vol. 24 2014年
16 宗教学とポジショナリティ―「宗教」を語りつづけることと身体性 平良直 紀要  29号 2013年
17 法華経は西洋文化に何を寄与できるか トラデフロート・フランセスク 東洋学術研究
通巻171号(52巻2号)
2013年
18 宗教運動論の展開とその展望――日本社会の実証的研究に即して―― 大西克明 紀要 28号 2012年
19 十九世紀フランスにおける国家と宗教、そして宗教学の成立――伊達聖伸『ライシテ、道徳、宗教学』に寄せて 松本礼二 東洋学術研究
通巻169号(51巻2号)
2012年
20 東洋哲学研究所創立50周年への祝辞 中村廣治郎 東洋学術研究
通巻167号(50巻2号)
2011年
21 東洋哲学研究所創立50周年への祝辞 島薗進 東洋学術研究
通巻167号(50巻2号)
2011年
22 東洋哲学研究所創立50周年への祝辞 カレル・ドベラーレ 東洋学術研究
通巻167号(50巻2号)
2011年
23 The Question of Minority Rights in Arab Countries, is a Religious or a National Issues? フランチェスカ・マリア・コッラオ 紀要 27号 2011年
24 日本人はどれくらい宗教団体を信頼しているのか――宗教団体に関する世論調査から 石井研士 東洋学術研究
通巻165号(49巻2号)
2010年
25 文化の中の〈宗教〉――ディルタイと和辻の場合 鏑木政彦 東洋学術研究
通巻165号(49巻2号)
2010年
26 宗教の社会的役割と文化的機能に関する再認識――宗教と冷戦後国際的に焦点となった問題から触発された理論的省察 張志剛 東洋学術研究
通巻164号(49巻1号)
2010年
27 世界宗教研究所所長の「開会あいさつ」 卓新平 東洋学術研究
通巻164号(49巻1号)
2010年
28 The Relation between Sacredness and Secularity from the Religious and Legal Viewpoints--Focusing on the Buddhist Temples in the Edo Period and the Anglican Church in the Tudor Age 小島信泰 紀要 26号 2010年
29 Re-understanding of the Social Role or the Cultural Function of Religion--Theoretical Refections drawn from Interational Hot Issues after the Cold War and Religions 張志剛 Journal Vol. 20 2010年
30 奄美・N集落の都市移住者の個人生活史――宗教との関わりについて 田島忠篤 東洋学術研究
通巻163号(48巻2号)
2009年
31 寛容論と宗教の共存――共存の形式に関する考察 大西克明 紀要 25号 2009年
32 組織アイデンティティと宗教集団論――宗教集団の多元性へのパースペクティブを巡って  大西克明 紀要 24号 2008年
33 メキシコの教育変遷――カトリック教理教育からの脱却、信仰の自由への道程 原稔 紀要 24号 2008年
34 〈非合理性の復権〉の向こう側 大西克明 東洋学術研究
通巻159号(46巻2号)
2007年
35 いのちの始まりの生命倫理――危機の時代の生命科学と宗教文化 島薗進 東洋学術研究
通巻158号(46巻1号)
2007年
36 現代社会における宗教の新しい意味――「宗教」概念の脱自明化と可能性 平良直 東洋学術研究
通巻158号(46巻1号)
2007年
37 宗教的行為の重層関係――現世利益とその宗教的合理化を巡って  大西克明 紀要 23号 2007年
38 Reexamination of Religion in Contemporary Society 平良直 Journal Vol. 17 2007年
39 The Buddhist Manuscripts in the Collection of St-Petersburg Branch of the Institute of Oriental Studies, Russian Academy of Sciences I・F・ポポワ Journal Vol. 17 2007年
40 Bioethics on the Beginning of Life: Bioscience and Religious Culture in an Age of Crisis 島薗進 Journal Vol. 17 2007年
41 東洋学研究所(サンクトペテルブルク)による仏教文献の収集 I・F・ポポワ 東洋学術研究
通巻157号(45巻2号)
2006年
42 メディアにおける宗教の表象 ベンジャミン・ドーマン 東洋学術研究
通巻156号(45巻1号)
2006年
43 Reconciling Identity and Citizenship:A Case for Moral Cosmopolitanism in a Divided World サティッシュ・M・クマール 紀要 22号 2006年
44 現代社会における宗教対話の苦境と希望 卓新平 東洋学術研究
通巻154号(44巻1号)
2005年
45 現代フランス社会における「ライシテ(政教分離)」概念の変容―イスラム子女のスカーフ問題をめぐって 満足圭江 紀要 20号 2004年
46 中国少数民族の初期哲学における宇宙観概説 佟徳富 東洋学術研究
通巻148号(41巻1号)
2002年
47 宗教倫理と政治統合―アメリカ合衆国の場合  古矢旬 東洋学術研究
通巻147号(40巻2号)
2001年
48 仏教の「中道」思想と多元文化  何勁松 東洋学術研究
通巻147号(40巻2号)
2001年
49 イギリス公定教会体制の形成と変容―State Church から voluntary denomination へ  星野修 東洋学術研究
通巻145号(39巻2号)
2000年
50 アメリカの創価学会―SGIにおける供給と需要の問題(2)  デヴィッド・マハチェク 東洋学術研究
通巻145号(39巻2号)
2000年
51 アメリカの創価学会―SGIにおける供給と需要の問題(1)  フィリップ・ハモンド  東洋学術研究
通巻145号(39巻2号)
2000年
52 明治初期の政教関係 米原謙 東洋学術研究
通巻144号(39巻1号)
2000年
53 現代フランス社会における仏教受容 満足圭江 紀要 16号 2000年
54 The History and Role of the Institute of Oriental Philosophy 川田洋一 Journal Vol. 10 2000年
55 The History of the Institute of World Religions, Chinese Academy of Social Sciences 呉雲貴 Journal Vol. 10 2000年
56 東洋哲学研究所の歴史と役割 川田洋一 東洋学術研究
通巻143号(38巻2号)
1999年
57 発展する中国社会科学院世界宗教研究所 呉雲貴 東洋学術研究
通巻143号(38巻2号)
1999年
58 新宗教―その直面する問題 ブライアン・ウィルソン 東洋学術研究
通巻141号(37巻2号)
1998年
59 ヨーロッパにおけるカルト論争 ジェームズ・A・ベックフォード 東洋学術研究
通巻141号(37巻2号)
1998年
60 ドイツにおける政治と宗教―19世紀から20世紀 星野修 東洋学術研究
通巻138号(36巻1号)
1997年
61 社会契約説と宗教 吉岡知哉 東洋学術研究
通巻138号(36巻1号)
1997年
62 涅槃への道―現代ドイツにおける仏教の伝統と活動 M・バウマン 東洋学術研究
通巻138号(36巻1号)
1997年
63 宗教と政治と国家―その比較文化社会学的考察 N・J・デメラス 東洋学術研究
通巻138号(36巻1号)
1997年
64 異文化の出会いと宗教的習合 K・P・ケピング 東洋学術研究
通巻138号(36巻1号)
1997年
65 イスラムの現代的意義 Y・A・ペトロシャン 東洋学術研究
通巻138号(36巻1号)
1997年
66 現代キリスト教の行方―脱制度化への推移 ジェームズ・W・ハイジック 東洋学術研究
通巻138号(36巻1号)
1997年
67 フランスにおける仏教受容史―19世紀の宗教研究を中心に 満足圭江 紀要 13号 1997年
68 創価学会の真の国際化に向けて ハワード・ハンター 東洋学術研究
通巻137号(35巻2号)
1996年
69 宗教多元主義―異文化/異宗教間の対話の基礎づけ 間瀬啓允 東洋学術研究
通巻137号(35巻2号)
1996年
70 「文明の衝突」を超えて 阿部美哉 東洋学術研究
通巻137号(35巻2号)
1996年
71 日本宗教の社会活動 中野毅 東洋学術研究
通巻136号(35巻1号)
1996年
72 気枯れ社会の実感宗教 西山茂 東洋学術研究
通巻136号(35巻1号)
1996年
73 社会変動と伝統仏教 星野英紀 東洋学術研究
通巻136号(35巻1号)
1996年
74 現代社会の危機と宗教 荒木美智雄 東洋学術研究
通巻136号(35巻1号)
1996年
75 戦後社会と宗教の役割 赤池憲昭 東洋学術研究
通巻136号(35巻1号)
1996年
76 ヨーロッパにおける宗教と政治 カレル・ドベラーレ 東洋学術研究
通巻136号(35巻1号)
1996年
77 ライシテ概念の歴史的変遷と現代フランス社会におけるその問題点 満足圭江 紀要 12号 1996年
78 創価学会―改宗と統合の過程 カレル・ドベラーレ 東洋学術研究
通巻134号(34巻1号)
1995年
79 宗教による自立の可能性 島薗進 東洋学術研究
通巻134号(34巻1号)
1995年
80 現代の宗教における倫理の必要性 ジェームズ・W・ハイジック 東洋学術研究
通巻134号(34巻1号)
1995年
81 現代社会の世俗性と宗教性 井上順孝 東洋学術研究
通巻134号(34巻1号)
1995年
82 「A TIME TO CHANT: The Soka Gakkai Buddhists in Britain」の書評 山中弘 東洋学術研究
通巻133号(33巻2号)
1994年
83 宗教の価値科学的研究の可能性とその意義―牧口常三郎の試みを手掛かりにして 宮田幸一 東洋学術研究
通巻133号(33巻2号)
1994年
84 信教の自由と「社会通念」 塩津徹 東洋学術研究
通巻132号(33巻1号)
1994年
85 聖なるものはないか-プロテスタンティズムのエートスと仏教の精神 ブライアン・ボッキング 東洋学術研究
通巻131号(32巻2号)
1993年
86 〈インタビュー〉現代社会における葬送儀礼 孝本貢/聞き手・栗原淑江 東洋学術研究
通巻131号(32巻2号)
1993年
87 牧口教育思想と生活知―近代宗教運動論の視点から 島薗進 東洋学術研究
通巻131号(32巻2号)
1993年
88 ポスト・モダンの世界における聖職者 ハービー・コックス 東洋学術研究
通巻131号(32巻2号)
1993年
89 〈対談〉続・宗教における伝統と現代性 井門富二夫/田丸徳善 東洋学術研究
通巻131号(32巻2号)
1993年
90 日本における仏教の制度化―過程・問題・意味するもの イアン・リーダー 東洋学術研究
通巻129号(31巻2号)
1992年
91 大乗仏教の精神と現代社会 マイケル・パイ 東洋学術研究
通巻129号(31巻2号)
1992年
92 資本主義のカルト―自己宗教・魔術・ビジネスの強化 ポール・ヒーラス 東洋学術研究
通巻128号(31巻1号)
1992年
93 宗教の経済化―経済学的アプローチの可能性と限界 ローランド・ロバートソン 東洋学術研究
通巻128号(31巻1号)
1992年
94 最大利益追求システムとしての宗教 イヴ・ランベル 東洋学術研究
通巻128号(31巻1号)
1992年
95 宗教と「企業文化」―サッチャー時代(1979年~90年)の英国の体験 リチャード・H・ロバーツ 東洋学術研究
通巻128号(31巻1号)
1992年
96 「個人化された宗教」と「社会の発展」―現代日本における宗教的行動を与件に 土方透 東洋学術研究
通巻128号(31巻1号)
1992年
97 宗教団体の経済活動と法的基盤 阿部美哉 東洋学術研究
通巻128号(31巻1号)
1992年
98 日本の宗教教団と経済活動 中野毅 東洋学術研究
通巻128号(31巻1号)
1992年
99 現代日本の経済と宗教-経営と勤労に関する宗教=倫理的教説の役割 島薗進 東洋学術研究
通巻128号(31巻1号)
1992年
100 日本の企業と宗教 石井研士 東洋学術研究
通巻128号(31巻1号)
1992年
101 宗教と経済秩序―SISR第21回大会より(序論) ヤン・スィンゲドー 東洋学術研究
通巻128号(31巻1号)
1992年
102 アフリカの文化―西洋及び東洋の文化との比較 サンガ・N・カザディ 東洋学術研究
通巻127号(30巻3号)
1991年
103 変わりゆく宗教の機能―世俗社会における寛容と結合 ブライアン・ウィルソン 東洋学術研究
通巻126号(30巻2号)
1991年
104 「宗教的」モデル―ポストモダンのパラダイム ミッシェル・マフェゾリ 東洋学術研究
通巻126号(30巻2号)
1991年
105 カトリックにおける伝統と革新―信徒運動と社会的活動の意義 ヤン・スィンゲドー 東洋学術研究
通巻126号(30巻2号)
1991年
106 〈対談〉宗教における伝統と現代性 井門富二夫/田丸徳善 東洋学術研究
通巻126号(30巻2号)
1991年
107 仏教―調和と平和を求めて(3/完) ヨハン・ガルトゥング 東洋学術研究
通巻123号(29巻3号)
1990年
108 〈コメント〉近代合理主義の止揚と宗教の復権 中野毅 東洋学術研究
通巻123号(29巻3号)
1990年
109 〈記念講演〉世界の再聖化あるいは合理主義の超克 ミッシェル・マフェゾリ 東洋学術研究
通巻123号(29巻3号)
1990年
110 仏教―調和と平和を求めて(2) ヨハン・ガルトゥング 東洋学術研究
通巻122号(29巻2号)
1990年
111 フィンランドにおける福音ルーテル教会と国家 ジョウコ・シーボ 東洋学術研究
通巻122号(29巻2号)
1990年
112 宗教とヨーロッパの形成 ジャン=ポール・ヴィレーム 東洋学術研究
通巻122号(29巻2号)
1990年
113 ソビエト型システムにおける宗教の正当化と国家統制―ポーランド、チェコスロバキア、ハンガリーのカトリシズムを例として パトリック・ミシェル 東洋学術研究
通巻122号(29巻2号)
1990年
114 多宗教国民国家における国家と宗教―南アジアの場合 T・K・オーメン 東洋学術研究
通巻122号(29巻2号)
1990年
115 日本における国家と宗教の一側面―最近の判例を契機として 桐ヶ谷章 東洋学術研究
通巻122号(29巻2号)
1990年
116 天地の公道―日本戦中期における宗教と国家 マリリン・F・ネフスキー 東洋学術研究
通巻122号(29巻2号)
1990年
117 宗教社会学の半世紀(1945-1989) ジェームズ・A・ベックフォード 東洋学術研究
通巻122号(29巻2号)
1990年
118 CISRの歩み―定礎から変貌へ エミール・プーラ 東洋学術研究
通巻122号(29巻2号)
1990年
119 CISRのヨーロッパにおける宗教社会学のアプローチ―ACSSとCISRを比較して カレル・ドベラーレ 東洋学術研究
通巻122号(29巻2号)
1990年
120 現代社会と宗教社会学 阿部美哉 東洋学術研究
通巻122号(29巻2号)
1990年
121 仏教―調和と平和を求めて(1) ヨハン・ガルトゥング 東洋学術研究
通巻121号(29巻1号)
1990年
122 宗教観の問い直し 山中弘 東洋学術研究
通巻120号(28巻4号)
1989年
123 中国と韓国の道徳哲学から見た日本の家族イデオロギー 趙承福 東洋学術研究
通巻120号(28巻4号)
1989年
124 日本の民俗儀礼における「死」 宮田登 東洋学術研究
通巻120号(28巻4号)
1989年
125 死生観―西と東 ヨーロッパと日本における土葬と火葬 鯖田豊之 東洋学術研究
通巻120号(28巻4号)
1989年
126 情報化社会の価値理念―心・生命・個人・共同体そして宗教の役割をめぐって 新睦人 東洋学術研究
通巻119号(28巻3号)
1989年
127 情報化社会の信仰と形態 島田裕巳 東洋学術研究
通巻119号(28巻3号)
1989年
128 高度技術化社会の情報行動 広瀬英彦 東洋学術研究
通巻119号(28巻3号)
1989年
129 マスメディアの中の宗教性 グレゴールT・ガータルズ 東洋学術研究
通巻119号(28巻3号)
1989年
130 日本宗教の情報化の現状―高度情報化社会における個人化と宗教 石井研士 東洋学術研究
通巻119号(28巻3号)
1989年
131 アメリカにおける情報化社会と宗教 阿部美哉 東洋学術研究
通巻119号(28巻3号)
1989年
132 情報社会概念の系譜と情報化が宗教に及ぼす影響 伊藤陽一 東洋学術研究
通巻119号(28巻3号)
1989年
133 〈対談〉情報化社会の文化と宗教 村上陽一郎/佐藤進 東洋学術研究
通巻119号(28巻3号)
1989年
134 性的理想郷の基盤と機能 ミッシェル・マフェゾリ 東洋学術研究
通巻118号(28巻2号)
1989年
135 むかし大名、いま社長 中牧弘允 東洋学術研究
通巻117号(28巻1号)
1989年
136 西欧社会と仏教 ニニアン・スマート 東洋学術研究
通巻117号(28巻1号)
1989年
137 異なった宗教の共存 デヴィッド・リード 東洋学術研究
通巻117号(28巻1号)
1989年
138 宗教の衰退、そして新しい流れ―フランスの宗教変化に関わるいくつかの要因から ダニエル・エルヴュー・レジェール 東洋学術研究
通巻117号(28巻1号)
1989年
139 西欧における東洋の宗教運動について―スイスの事例 ジャン・フランソワ・メイヤー 東洋学術研究
通巻117号(28巻1号)
1989年
140 国際化時代における宗教の機能 田丸徳善 東洋学術研究
通巻116号(27巻3号)
1988年
141 グローバル化と日本宗教の海外進出―ハワイ・北米における事例を手がかりに 井上順孝 東洋学術研究
通巻116号(27巻3号)
1988年
142 現代におけるイスラムの宗教と社会 加賀谷寛 東洋学術研究
通巻116号(27巻3号)
1988年
143 グローバル化か宗教的土着主義か―創価学会の国際的活動 アンソン・シュウプ 東洋学術研究
通巻116号(27巻3号)
1988年
144 技術と国家、そして宗教 吉田光邦 東洋学術研究
通巻116号(27巻3号)
1988年
145 グローバル化・国際化と宗教 ローランド・ロバートソン 東洋学術研究
通巻116号(27巻3号)
1988年
146 〈対談〉日本社会の“国際化”と文化構造 加藤周一/河合隼雄 東洋学術研究
通巻116号(27巻3号)
1988年
147 「超越」ということ 薗田稔 東洋学術研究
通巻115号(27巻2号)
1988年
148 世俗社会での宗教的機能―人間の自叙伝的課程におけるメタファー 井門富二夫 東洋学術研究
通巻112号(26巻1号)
1987年
149 占領と日本宗教制度の改革―戦後日本の世俗化過程の一考察 中野毅 東洋学術研究
通巻112号(26巻1号)
1987年
150 宗教団体の自治と司法権の介入 桐ヶ谷章 東洋学術研究
通巻112号(26巻1号)
1987年
151 新宗教運動の精霊信仰と民衆文化―日本の新宗教の場合 島薗進 東洋学術研究
通巻112号(26巻1号)
1987年
152 日本仏教を支えるもの―祖師信仰 星野英紀 東洋学術研究
通巻112号(26巻1号)
1987年
153 聖と俗のとらえ方―西洋の宗教社会学者への日本の宗教文化による提案 デヴィッド・リード 東洋学術研究
通巻112号(26巻1号)
1987年
154 西ヨーロッパの昨今の世俗化論争の意義と問題点 ヤン・スィンゲドー 東洋学術研究
通巻112号(26巻1号)
1987年
155 「世俗化」概念の妥当性―日本の状況との関連から 田丸徳善 東洋学術研究
通巻112号(26巻1号)
1987年
156 間奏 CISRと日本の宗教社会学 阿部美哉 東洋学術研究
通巻112号(26巻1号)
1987年
157 「聖なるもの」は社会学的カテゴリーか ジェームズ・A・ベックフォード 東洋学術研究
通巻112号(26巻1号)
1987年
158 世俗化よりグローバル化へ ローランド・ロバートソン 東洋学術研究
通巻112号(26巻1号)
1987年
159 最小限の宗教性に共通する言語 マイケル・パイ 東洋学術研究
通巻112号(26巻1号)
1987年
160 世俗性と宗教―方法論的提言 カレル・ドベラーレ 東洋学術研究
通巻112号(26巻1号)
1987年
161 世俗化と宗教社会学の存亡―CISRの歴史と問題関心 ブライアン・ウィルソン 東洋学術研究
通巻112号(26巻1号)
1987年
162 巻頭言 世俗化論を越えて 柳川啓一 東洋学術研究
通巻112号(26巻1号)
1987年
163 〈エリアーデ氏の逝去を悼む〉エリアーデの学問と世界 荒木美智雄 東洋学術研究
通巻110号(25巻1号)
1986年
164 世俗化論再考の諸問題 中野毅 東洋学術研究
通巻110号(25巻1号)
1986年
165 既成仏教々団の構造と民衆仏教 星野英紀 東洋学術研究
通巻110号(25巻1号)
1986年
166 都市化と宗教―世俗化論再考 石井研士 東洋学術研究
通巻110号(25巻1号)
1986年
167 世俗化一般か単に西洋の世俗化か、それとも新しい創造への過程か 荒木美智雄 東洋学術研究
通巻110号(25巻1号)
1986年
168 先祖祭祀と日本の世俗化 森岡清美 東洋学術研究
通巻110号(25巻1号)
1986年
169 現代社会における宗教の役割 カレル・ドベラーレ 東洋学術研究
通巻110号(25巻1号)
1986年
170 世俗化諸理論と社会学的パラダイム―収斂理論と拡散理論 カレル・ドベラーレ 東洋学術研究
通巻110号(25巻1号)
1986年
171 宗教学と日本仏教研究 林淳 東洋学術研究
通巻109号(24巻2号)
1985年
172 仏教学における日本仏教研究 末木文美士 東洋学術研究
通巻109号(24巻2号)
1985年
173 日本仏教の新たな研究方法―思想的研究と学際的研究 田村芳朗 東洋学術研究
通巻109号(24巻2号)
1985年
174 現代の危機と一元的世界観―イスラーム的関係性と現代 黒田壽郎 東洋学術研究
通巻107号(23巻2号)
1984年
175 宗教と科学をめぐる問題 石田慶和 東洋学術研究
通巻107号(23巻2号)
1984年
176 システム社会・宗教・実践 森田雄三郎 東洋学術研究
通巻107号(23巻2号)
1984年
177 宗教、文化及び共同体 アルフレッド・ルップ 東洋学術研究
通巻107号(23巻2号)
1984年
178 現代社会と宗教―人間疎外をいかにして克服すべきか ヴェルナー・コーラー 東洋学術研究
通巻107号(23巻2号)
1984年
179 宗教の歴史性―キリスト教、仏教、及び他の諸宗教の出会いの場 ゴードン・D・カウフマン 東洋学術研究
通巻107号(23巻2号)
1984年
180 宗教・科学・人間-現代宗教論への若干の覚書 田丸徳善 東洋学術研究
通巻107号(23巻2号)
1984年
181 人間の科学としての宗教研究 薗田稔 東洋学術研究
通巻102号(21巻1号)
1982年
182 「行動」の学から「理解」の学へ 柳川啓一 東洋学術研究
通巻102号(21巻1号)
1982年
183 コメンテーターへの返答一(A Riposte) ブライアン・ウィルソン 東洋学術研究
通巻102号(21巻1号)
1982年
184 <対談>宗教における魔・悪魔の問題(下) 西谷啓治/阿部正雄 東洋学術研究
通巻101号(20巻2号)
1981年
185 宗教学と多元主義の伝統 島薗進 東洋学術研究
通巻101号(20巻2号)
1981年
186 宗教と社会の統合的理解のために―宗教に於ける科学の道具立ての「隠された」前提 荒木美智雄 東洋学術研究
通巻101号(20巻2号)
1981年
187 宗教社会学が目指すもの ヤン・スィンゲドー 東洋学術研究
通巻101号(20巻2号)
1981年
188 共感的理解と客観的凝視 赤池憲昭 東洋学術研究
通巻101号(20巻2号)
1981年
189 日本における宗教社会学の方法論的問題 森岡清美 東洋学術研究
通巻101号(20巻2号)
1981年
190 近代科学における宗教社会学の学問的位置 ブライアン・ウィルソン 東洋学術研究
通巻101号(20巻2号)
1981年
191 宗教における魔・悪魔の問題(中) 西谷啓治/阿部正雄 東洋学術研究
通巻100号(20巻1号)
1981年
192 仏教の思想史的研究―試論 田村芳朗 東洋学術研究
通巻100号(20巻1号)
1981年
193 仏教学と宗学 平川彰 東洋学術研究
通巻100号(20巻1号)
1981年
194 宗教における魔・悪魔の問題(上) 西谷啓治/阿部正雄 東洋学術研究
通巻99号(19巻2号)
1980年

トップへ戻る
ホームSearch Results論文検索