ホームSearch Results論文検索

検索結果

「日本仏教」に関する論文が 133 件ありました。


No. タイトル 筆者 雑誌名 発行年 PDF
1 宗廟八幡と宇佐使 田村正孝 東洋学術研究
通巻179号(56巻2号)
2017年
2 大地の思想と現代世界 氣多雅子 東洋学術研究
通巻178号(56巻1号)
2017年
3 持続可能な未来と宗教 加藤尚武 東洋学術研究
通巻178号(56巻1号)
2017年
4 漢文文化圏における『法華経』の翻訳と伝播 ジャン=ノエル・ロベール 東洋学術研究
通巻178号(56巻1号)
2017年
5 法華経と浄土 ジェローム・デュコール 東洋学術研究
通巻178号(56巻1号)
2017年
6 法華経:価値創造の道 ロケッシュ・チャンドラ 東洋学術研究
通巻178号(56巻1号)
2017年
7 知恵と自己――仏教とキリスト教との対話 稲垣良典 東洋学術研究
通巻176号(55巻1号)
2016年
8 日本近世の国家と仏教 小島信泰 紀要 31号 2015年
9 天台智顗『六妙法門』における「反本」の対機的修辞法について アップル荒井しのぶ 紀要 30号 2014年
10 THE RELEVANCE OF A HUMANISTIC EDUCATION TO INTERCULTURAL DIALOGUE フランチェスカ・マリア・コッラオ 紀要 30号 2014年
11 仏教は絶対平和主義か 松岡幹夫 東洋学術研究
通巻173号(53巻2号)
2014年
12 仏教の智慧とエコロジー的意識―実践の領野を探る アビト・ルベン 東洋学術研究
通巻172号(53巻1号)
2014年
13 Influence of Nature, Policy and Thoughts on Environmental Ethics in Japan: Maintenance of the Forest and the Ecosystem in the Edo period 山本修一/ビクター・S・桑原 Journal Vol. 24 2014年
14 Ecosophy and Buddhist Wisdom 松岡幹夫 Journal Vol. 24 2014年
15 Buddhist Wisdom and Ecological Awareness: Exploring Horizons of Praxis アビト・ルベン Journal Vol. 24 2014年
16 御書の系年研究(その8)―文永年間の諸御書について― 若江賢三 紀要 29号 2013年
17 エコソフィーと仏教の智慧 松岡幹夫 東洋学術研究
通巻171号(52巻2号)
2013年
18 日本の環境倫理における自然・政策・思想の影響―森林の維持と江戸時代のエコシステム 山本修一 東洋学術研究
通巻171号(52巻2号)
2013年
19 春雨のように―日本文学を潤した法華経 カルロス・ルビオ 東洋学術研究
通巻171号(52巻2号)
2013年
20 The Lotus Sutra in Japanese literature: A spring rain カルロス・ルビオ Journal Vol. 23 2013年
21 Humane Education, A Bridge to Peace (5) 池田大作/顧明遠 Journal Vol. 23 2013年
22 御書の系年研究(その7)――同日または近日に著された花押の比較から―― 若江賢三 紀要 28号 2012年
23 僧宝を考える ――吉本隆明の論考を中心として―― 小島信泰 紀要 28号 2012年
24 法華経にとっての三つの宝――法華経の系譜:インド・中国・日本 ロケッシュ・チャンドラ 東洋学術研究
通巻169号(51巻2号)
2012年
25 日本の宝塔曼荼羅の原形とそれを生み出した背景についての研究:中国・朝鮮における起源と写経の文化 ハリー・オニール 東洋学術研究
通巻168号(51巻1号)
2012年
26 Continental Origins and Culture of Copying: An Examination of the Prototypes and Textualized Community of the Japanese Jeweled-Stupa Mandalas ハリー・オニール Journal Vol. 22 2012年
27 古文書が語る南条時光のその後 梶川貴子 東洋学術研究
通巻167号(50巻2号)
2011年
28 東洋哲学研究所創立50周年への祝辞 末木文美士 東洋学術研究
通巻167号(50巻2号)
2011年
29 平安時代における文化と仏教の相互文脈化:法華経を中心に アップル荒井しのぶ 紀要 27号 2011年
30 南条氏所領における相論 梶川貴子 紀要 27号 2011年
31 宗教と国家を考える――最澄から日蓮へ 小島信泰 紀要 27号 2011年
32 近代日蓮主義と生命論 前川健一 東洋学術研究
通巻164号(49巻1号)
2010年
33 日蓮文書の研究(4)――真蹟に現われる「かな」の全容 小林正博 紀要 26号 2010年
34 御書の系年研究(その6)――花押による系年判定 若江賢三 紀要 26号 2010年
35 The Relation between Sacredness and Secularity from the Religious and Legal Viewpoints--Focusing on the Buddhist Temples in the Edo Period and the Anglican Church in the Tudor Age 小島信泰 紀要 26号 2010年
36 南条氏所領の再検討 梶川貴子 紀要 26号 2010年
37 Modern Nichirenist Discourses on Life and Jōsei Toda's Buddhist Thought 前川健一 Journal Vol. 20 2010年
38 台密研究と日蓮仏法 土倉宏 東洋学術研究
通巻163号(48巻2号)
2009年
39 日本仏教の歩み 小林正博 東洋学術研究
通巻163号(48巻2号)
2009年
40 御書の系年研究(その5)――富木氏、四条氏への消息を中心に 若江賢三 紀要 25号 2009年
41 『縮刷遺文』の本文整定について 前川健一 紀要 25号 2009年
42 The Doctrine of Houon (Repaying the Debts of Gratitude) in Japanese Buddhist Thought and its Role in Labor Ethics Formation リュボーフ・カレーロワ Journal Vol. 19 2009年
43 日本仏教の「報恩」の教理と労働倫理形成におけるその役割 リュボーフ・カレーロワ 東洋学術研究
通巻161号(47巻2号)
2008年
44 鎌倉仏教と現代――日本的在家仏教展開の起点として 前川健一 東洋学術研究
通巻161号(47巻2号)
2008年
45 御書の系年研究(その4)――太田抄、曽谷抄を中心に  若江賢三 紀要 24号 2008年
46 法華経と苦行と滅罪――東アジア仏教のパースペクティブ アップル荒井しのぶ 紀要 24号 2008年
47 大石寺蔵日興写本の研究  小林正博 紀要 24号 2008年
48 Nichiren's Philosophy of Peace 小林正博 Journal Vol. 18 2008年
49 対論から和解へ――狂言『宗論』を通じて 前川健一 東洋学術研究
通巻158号(46巻1号)
2007年
50 近代中日仏教徒の対話――楊文会と南条文雄の交流 陳継東 東洋学術研究
通巻158号(46巻1号)
2007年
51 日蓮文書の研究(3) 小林正博 紀要 23号 2007年
52 御書の系年研究(その3)――身延期における「けかち」について  若江賢三 紀要 23号 2007年
53 日本古代の法華経滅罪信仰の形成と民間への浸透について――『日本霊異記』の法華経滅罪説話群に焦点を当てて(2) アップル荒井しのぶ 紀要 23号 2007年
54 Inter-religious Dialogue in Shūron, a Kyōgen Play 前川健一 Journal Vol. 17 2007年
55 伊藤仁斎――徳川時代における儒教と仏教をめぐって K・G・マランジャン 東洋学術研究
通巻157号(45巻2号)
2006年
56 法華経と在家信徒 T・V.・エルマコワ 東洋学術研究
通巻157号(45巻2号)
2006年
57 借金の始末――江戸時代の法の階層構造―― 小島信泰 東洋学術研究
通巻156号(45巻1号)
2006年
58 日本古代の法華経滅罪信仰の形成と民間への浸透について――『日本霊異記』の法華経滅罪説話群に焦点を当てて(1) アップル荒井しのぶ 紀要 22号 2006年
59 日蓮に見る安穏思想 小林正博 紀要 22号 2006年
60 御書の系年研究(その2)――表現・表記の変化からの考察 若江賢三 紀要 22号 2006年
61 御書の系年研究(その1)――弘安年間の諸事象について 若江賢三 紀要 21号 2005年
62 現代の中日仏教における世間の重視 魏常海 東洋学術研究
通巻155号(44巻2号)
2005年
63 日本近世寺法研究序説 小島信泰 紀要 21号 2005年
64 日蓮における平和の思想と実践 松岡幹夫 紀要 21号 2005年
65 日本における諸宗教の対立と融和 前川健一 東洋学術研究
通巻153号(43巻2号)
2004年
66 日蓮文書の研究(2) 小林正博 紀要 20号 2004年
67 現代の大石寺門流における唯授一人相承の信仰上の意義 松岡幹夫 紀要 20号 2004年
68 非暴力と日本仏教 宮田幸一 東洋学術研究
通巻151号(42巻2号)
2003年
69 日蓮仏教と宗教多元主義 松岡幹夫 紀要 19号 2003年
70 『日蓮大聖人御伝記』を読む 小林正博 紀要 19号 2003年
71 日蓮大聖人の教義についての一考察 M・I・ヴォロビヨヴァ=デシャトフスカヤ 東洋学術研究
通巻149号(41巻2号)
2002年
72 日蓮文書の研究(1) 小林正博 紀要 18号 2002年
73 The Place of the Soka Gakkai in Buddhist History in Japan 宮田幸一 Journal Vol. 12 2002年
74 The Practice of Bodhisattva Never Disparaging in the Lotus Sutra and Its Reception in China and Japan 菅野博史 Journal Vol. 12 2002年
75 創価学会の日本仏教史における位置  宮田幸一 東洋学術研究
通巻147号(40巻2号)
2001年
76 『法華経』における常不軽菩薩の実践と中国・日本における受容(『法華経思想史から学ぶ仏教』所収、大蔵出版、2003年) 菅野博史 東洋学術研究
通巻147号(40巻2号)
2001年
77 The Acceptance and Impact of the Lotus Sutra in Japan 宮田幸一 Journal Vol. 11 2001年
78 The Reception of the Lotus Sutra in Japan 菅野博史 Journal Vol. 10 2000年
79 日本における『法華経』の受容とその影響  宮田幸一 東洋学術研究
通巻145号(39巻2号)
2000年
80 明治初期の政教関係 米原謙 東洋学術研究
通巻144号(39巻1号)
2000年
81 日本の仏教―新しい視座を求めて  末木文美士 東洋学術研究
通巻144号(39巻1号)
2000年
82 東アジアの仏教世界  木村清孝 東洋学術研究
通巻144号(39巻1号)
2000年
83 Nichiren Thought in Modern Japan:Two Perspectives 佐藤弘夫 Journal
Vol. 10 Special
2000年
84 日本における『法華経』の思想と文化(『法華経思想史から学ぶ仏教』所収、大蔵出版、2003年) 菅野博史 東洋学術研究
通巻143号(38巻2号)
1999年
85 初期日蓮教団の門下群像(2) 小林正博 紀要 15号 1999年
86 初期日蓮教団の門下群像(1) 小林正博 紀要 14号 1998年
87 日蓮事跡初見年表 小林正博 紀要 13号 1997年
88 大石寺門流の本尊書写権に関する史的考察 松岡幹夫 紀要 13号 1997年
89 大乗仏教的「生命体験」に基づく思惟と行為―京都学派の哲学を例に ヨハネス・ラウベ 東洋学術研究
通巻133号(33巻2号)
1994年
90 〈インタビュー〉現代社会における葬送儀礼 孝本貢/聞き手・栗原淑江 東洋学術研究
通巻131号(32巻2号)
1993年
91 法主絶対論の形成とその批判 小林正博 東洋学術研究
通巻131号(32巻2号)
1993年
92 牧口常三郎の宗教観-日蓮仏法の現代的受容 宮田幸一 東洋学術研究
通巻131号(32巻2号)
1993年
93 〈対談〉続・宗教における伝統と現代性 井門富二夫/田丸徳善 東洋学術研究
通巻131号(32巻2号)
1993年
94 日本における仏教の制度化―過程・問題・意味するもの イアン・リーダー 東洋学術研究
通巻129号(31巻2号)
1992年
95 大乗仏教の精神と現代社会 マイケル・パイ 東洋学術研究
通巻129号(31巻2号)
1992年
96 聖徳太子と最澄・親鸞・日蓮における太子観 小島信泰 紀要 8号 1992年
97 大乗仏教における僧と俗 梶山雄一 東洋学術研究
通巻126号(30巻2号)
1991年
98 中世日本仏教における信徒の意義 佐藤弘夫 東洋学術研究
通巻126号(30巻2号)
1991年
99 〈対談〉宗教における伝統と現代性 井門富二夫/田丸徳善 東洋学術研究
通巻126号(30巻2号)
1991年
100 「寛政法難」と大石寺 小林正博 紀要 7号 1991年
101 伝教大師最澄の僧俗観と国家-『顕戒論』を中心として 小島信泰 紀要 7号 1991年
102 神仏習合の諸様相 佐藤眞人 東洋学術研究
通巻124号(29巻4号)
1990年
103 「無常」「無我」の日本的受容 森章司 東洋学術研究
通巻124号(29巻4号)
1990年
104 日本における仏教受容について 田中元 東洋学術研究
通巻124号(29巻4号)
1990年
105 日本と朝鮮の仏教伝来 井上秀雄 東洋学術研究
通巻124号(29巻4号)
1990年
106 コスモスとしての東アジア―日本からみた 千田稔 東洋学術研究
通巻124号(29巻4号)
1990年
107 〈対談〉東アジア文化の種々相と仏教 上田正昭/木村清孝 東洋学術研究
通巻124号(29巻4号)
1990年
108 西と東における文化概念の原型-カルチャーの原義と縁起思想にみる自然への配慮 安永寿延 東洋学術研究
通巻123号(29巻3号)
1990年
109 日本における国家と宗教の一側面―最近の判例を契機として 桐ヶ谷章 東洋学術研究
通巻122号(29巻2号)
1990年
110 江戸期富士流法難の背景 小林正博 紀要 6号 1990年
111 サッタ太子捨身飼虎図の美学的検討 段文傑 東洋学術研究
通巻113号(26巻2号)
1987年
112 「和」の反仏教性と仏教の反戦性 袴谷憲昭 東洋学術研究
通巻113号(26巻2号)
1987年
113 日本仏教を支えるもの―祖師信仰 星野英紀 東洋学術研究
通巻112号(26巻1号)
1987年
114 既成仏教々団の構造と民衆仏教 星野英紀 東洋学術研究
通巻110号(25巻1号)
1986年
115 先祖祭祀と日本の世俗化 森岡清美 東洋学術研究
通巻110号(25巻1号)
1986年
116 〈対談〉聖徳太子と日本仏教 中村元/梅原猛 東洋学術研究
通巻109号(24巻2号)
1985年
117 哲学と仏教形而上学―田辺元と道元 浮田雄一 東洋学術研究
通巻109号(24巻2号)
1985年
118 日本の近代哲学における仏教形而上学の受容とその展開―「無」の哲学史 田中久文 東洋学術研究
通巻109号(24巻2号)
1985年
119 宗教学と日本仏教研究 林淳 東洋学術研究
通巻109号(24巻2号)
1985年
120 仏教学における日本仏教研究 末木文美士 東洋学術研究
通巻109号(24巻2号)
1985年
121 日本美術史と日本仏教研究 山岸公基 東洋学術研究
通巻109号(24巻2号)
1985年
122 仏教文学研究の諸問題―研究の動向と課題を中心に 石橋義秀 東洋学術研究
通巻109号(24巻2号)
1985年
123 六浦上行寺東やぐら群遺跡―中世寺院研究史上の重要遺跡 細川涼一 東洋学術研究
通巻109号(24巻2号)
1985年
124 国史学における仏教研究の動向と課題―総論・古代 曽根正人 東洋学術研究
通巻109号(24巻2号)
1985年
125 日本仏教の新たな研究方法―思想的研究と学際的研究 田村芳朗 東洋学術研究
通巻109号(24巻2号)
1985年
126 『源氏物語』における出家 西田禎元 東洋学術研究
通巻104号(22巻1号)
1983年
127 日蓮の釈尊観 尾崎誠 東洋学術研究
通巻102号(21巻1号)
1982年
128 『万葉集』における無常観の形成 末木文美士 東洋学術研究
通巻102号(21巻1号)
1982年
129 近世の非僧非俗―芭蕉の旅 山折哲雄 東洋学術研究
通巻102号(21巻1号)
1982年
130 日本思想史における仏教研究のあり方をめぐって 湯浅泰雄 東洋学術研究
通巻102号(21巻1号)
1982年
131 日本思想史と戒律仏教 平川彰 東洋学術研究
通巻102号(21巻1号)
1982年
132 平川彰著 仏教講座『八宗綱要』 石上善應 東洋学術研究
通巻100号(20巻1号)
1981年
133 密教研究の方向―密教思想の批判的理解を目指して 津田眞一 東洋学術研究
通巻100号(20巻1号)
1981年

トップへ戻る
ホームSearch Results論文検索