ホーム講演会連続公開講演会

連続公開講演会2019 参加者募集のご案内

2019年 連続公開講演会
統一テーマ:人類の未来と人権


2019年は、マハトマ・ガンジー生誕150周年であり、東洋哲学研究所創立者である池田大作SGI会長が、ノーベル平和賞を受賞した人権の闘士アドルフォ・ペレス=エスキベル博士とともに編んだ対談集『人権の世紀へのメッセージ』の発刊から10周年の佳節である。同書のなかで、エスキベル博士の「人間は皆、『平等に生きる権利』をもって生まれてきます。また、『生き方を選択する能力』をもち、『自由を謳歌し、進むべき道を決める力』が備わっています。しかしながら、基本的な権利さえ認められていない人たちが存在します。人類の歴史、すなわち民衆の生活の営みを思うと、苦しみにあえぐ人々の顔が見えてくるのです」との言葉に対して、SGI会長は「21世紀の今こそ、人類は自らの歩んできた道を直視し、“第三の千年”へ向けて、正しき道を切り開かなければならない。歴史の過ちを繰り返してはなりません。それは、現代を生きる私たちにとって、避けて通れぬ使命であり、責務だと思います」と語っている。

東洋哲学研究所では同書を含め、創立者が発信してきた人権への指針を通して、これまで研究会、講演会、出版等の各種研究活動を推進。2018年には、世界人権宣言70周年を記念する特別鼎談企画「人権・公共哲学・宗教を語る」を当研究所学術誌の「東洋学術研究」誌上に掲載した。2019年は、研究所としてその際の課題点等をさらに探究するとともに、21世紀の人権の指標を広く示していく試みとして、「人類の未来と人権」をテーマとした公開講演会を開催。宗教をはじめ各分野の識者から、持続可能な地球文明の創出を目指す論考を発表する場としていきたい。

 

 

2019年の連続公開講演会は、10月~12月に実施。以下の4名が講演を行う。

 

■第1回 佐藤 優 同志社大学神学部客員教授

      専門:組織神学

      テーマ「キリスト教における神権と人権」

■第2回 桐ケ谷 章 東洋哲学研究所所長、弁護士

      専門:法学

      テーマ「生命尊厳の哲学を世界精神へ」

■第3回 池田 弘乃 山形大学人文社会科学部准教授

      専門:法哲学

      テーマ「マイノリティと個人の尊厳:LGBTという言葉から考える」

■第4回 黒住 真 東京大学名誉教授

      専門:日本思想史

      テーマ「人権の位置と形成――近世・近代日本の歴史体験から」

 

入場無料。参加には事前の申し込みが必要です(申し込み方法は以下を参照してください)。

応募者多数の場合は抽選となりますので、予めご了承ください。

現在、第2回の募集を行っています。※第1回の募集は締め切りました。


 

<第2回講演会の募集>

日 時:10月31日(木)18:30~20:15(18:00より受付開始) 

講 師:桐ケ谷 章 東洋哲学研究所所長、弁護士(専門:法学) 

テーマ:生命尊厳の哲学を世界精神へ 

会 場:東京都新宿区内※当選された方に会場をお知らせいたします




 

1.申し込み方法

メールスマートフォン・パソコンからのみ。@docomoや@ezwebなどの携帯キャリアメールからのお申し込みはできません)または、往復はがきで申し込みができます。

応募締め切りは、第2回は9月30日(月)

メールは、9月30日の24時まで

はがきは、9月30日の消印まで有効


<メールでの申し込み>
参加希望の方は、スマートフォンまたはパソコンで、メール入力画面を開いていただき、以下の宛先・項目を記入して、メールをお送りください。

●送信先アドレス=kouen@iop.or.jp
●件名=10/31 講演会参加申し込み(応募は1回の講演会につき1通
ご応募は1人につき1回限りとさせていただきます
●本文=①氏名(1通のメールで2人まで申込可)②住所(市区町村まで)③電話番号を記載
2名で応募される場合は、必ずそれぞれの氏名・住所・電話番号をご記入ください。研究所から確認の電話をさせていただく場合があります


講演会参加申し込み事項(コピーしてご使用ください)

10/31 講演会参加申し込み】
・氏名:
・住所(市区町村まで)
・電話番号:

 

申し込み後、受付完了の自動返信メールが配信されます。確実に受信ができるよう、申し込み前に「kouen@iop.or.jp」への迷惑メール設定等の解除をお願いします。受付完了の返信メールが受信されない場合は、申し込みとなりませんのでご注意ください。

 

応募者多数の場合は、抽選となります。当選の場合のみ、聴講券をPDFファイルにて送信しますので、メールの受信及びファイルの印刷ができるよう設定をお願いします。

 

印刷した聴講券に参加者本人の氏名を記入したものを、講演会当日の受付にて回収します。携帯電話・パソコンの画面による聴講券の提示は、無効とさせていただきますので、予めご了承ください。




<往復はがきでの申し込み>

参加希望の方は、往復はがきをご用意していただき、往信用に下記の事項をご記入してください。
返信用には、参加者本人の郵便番号・住所と氏名を必ず明記してください。記入漏れ等の不備がある場合は、聴講券の送付・抽選結果のお知らせができない場合があります。

〒192-0003 東京都八王子市丹木町1-236
東洋哲学研究所「10/31講演会」宛に、郵送してください。(1回の講演につき1通
ご応募は1人につき1回限りとさせていただきます


①郵便番号・住所
②氏名(1通の応募ハガキにつき2人まで申込可
2名で応募される場合は、必ずそれぞれの氏名・住所・電話番号をご記入ください。研究所から確認の電話をさせていただく場合があります

③電話番号


【記入例】



はがきは必ず黒のボールペンで記入してください。
フリクションペン(こすると消えるペン)は使用しないでください。
応募者多数の場合は、抽選の上、結果を返信用はがきにてお知らせします。



2.問い合わせ方法

東洋哲学研究所

電話042(691)6591

午前10時~午後5時。土曜・日曜、祝日を除く

3.プライバシー・ポリシー

当講演会の参加者募集に応募された方の個人情報は、参加者選考結果を連絡するために利用し、それ以外では使用いたしません。

トップへ戻る
ホーム講演会連続公開講演会