ホーム講演会参加者募集のご案内連続公開講演会

連続公開講演会2017(全4回) 第3回・第4回の参加者募集のご案内

 


統一テーマ:生命倫理と宗教

生命倫理の問題は、仏教をはじめとする世界宗教の重要な課題である。以前より存在した尊厳死、安楽死、人工中絶をはじめ、昨今のES細胞やIPS細胞などの人間の生と死に関する問題群は今、長足の進歩を遂げる現代医療によって大きな変化がもたらされている。こうした状況を前に、各宗教が生命倫理の諸問題に対して、どのように応答すべきかは、人間の尊厳への新たな地平を開いていくべき宗教の使命であると考える。そこで、仏教、キリスト教、儒教、イスラームの視座から、生命倫理の現代的テーマに対して、英知の光を当てようとするのが今回の連続公開講演会である。

本年10月~12月に全4回の開催を予定。すべて入場無料。現在、第3回・第4回の参加者を募集しています。※第1回・第2回の募集は締め切りました。



<第3回講演会詳細

日 時:11月30日(木)18:30~20:15(18:00より受付開始)

講 師:山本典生 順天堂大学大学院 准教授、東洋哲学研究所委嘱研究員

テーマ:仏教と生命倫理

会 場:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター(東京都新宿区)


<第4回講演会詳細

日 時:12月5日(火)18:30~20:15(18:00より受付開始)

講 師:池澤優 東京大学大学院 教授、死生学・応用倫理センター長

テーマ:中国文化における生命倫理

会 場:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター(東京都新宿区)




 

1.申し込み方法

メール(スマートフォン・パソコンのみ。※@docomo,@ezwebなど携帯キャリアメールからのお申し込みはできません)または、往復はがきで申し込みができます。※応募締め切りは、第3回が10月27日(金)、第4回が11月2日(木)。当日の消印まで有効。メールの場合は、それぞれの日付の24時まで。


<メールでの申し込み>
参加希望の方は、スマートフォンまたはパソコンでメール入力画面を開いていただき、以下の項目を記入してください。

①送信先アドレス=kouen@iop.or.jp
②件名=11/30 講演会参加申し込みまたは12/5 講演会参加申し込み1回の講演会につき1通
※応募は1人につき1回限りとします。

③本文=氏名(1通のメールにつき2人まで申込可)、住所(市区町村まで)、電話番号を記載
※2名で応募される場合は、必ずそれぞれの氏名・住所・電話番号を記入してください。研究所から確認の電話をする場合があります。


※講演会参加申し込みフォーム(コピーしてご使用ください)

11/30 講演会参加申し込み】
・氏名:
・住所(市区町村まで)
・電話番号:

12/5 講演会参加申し込み】
・氏名:
・住所(市区町村まで)
・電話番号:


申し込み後、受付完了の自動返信メールが配信されます。確実に受信ができるよう、申し込み前に「kouen@iop.or.jp」への迷惑メール設定等の解除をお願いします。受付完了の返信メールが受信されない場合は、申し込みとなりませんので注意してください。
応募者多数の場合は、抽選となります。当選の場合のみ、聴講券をPDFファイルにて送信しますので、メールの受信及び印刷ができるよう設定してください。
印刷した聴講券に参加者本人の氏名を記入したものを、講演会当日の受付にて回収します。




<往復はがきでの申し込み>

参加希望の方は、往復はがきに下記の事項をご記入の上、

〒192-0003 東京都八王子市丹木町1-236
東洋哲学研究所「11/30 講演会」または「12/5講演会」宛に、郵送してください。(1回の講演会につき1通

①郵便番号・住所
②氏名(1通の応募ハガキにつき2人まで申込可
③電話番号
※応募は一人につき1回限りです。2人で応募される場合は、必ずそれぞれの氏名・住所・電話番号を記入してください。研究所から確認の電話をする場合があります。

返信用はがきにも必ず返信先の(参加者本人の)住所、氏名を明記してくださいはがきは必ず黒のボールペンで記入してください。フリクションペン(こすると消えるペン)は使用しないでください。応募者多数の場合は、抽選の上、結果を返信用はがきにてお知らせします。

 

2.問い合わせ方法

東洋哲学研究所

電話042(691)6591

午前10時~午後5時。土・日曜、祝日を除く

3.プライバシー・ポリシー

当講演会の参加者募集に応募された方の個人情報は、参加者選考結果を連絡するために利用し、それ以外では使用いたしません。

トップへ戻る
ホーム講演会参加者募集のご案内連続公開講演会