ホーム講演会2019年

公開講演会-2019年

2019年に行われた講演会です(最新順)。肩書は開催当時のものです。


連続公開講演会「人類の未来と人権」第4回(黒住真・東京大学名誉教授)

第4回「人権の位置と形成―近世・近代の歴史体験から」

◆講師:黒住 真氏(東京大学名誉教授)
◆開催日:2019年12月13日
◆会場:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター(東京・新宿区)


講演内容は「東洋学術研究」に掲載予定




 黒住氏は、東京大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。博士(学術)。東京大学助教授、同大学院教授等を歴任してきた。専門・研究領域は、日本思想史、比較宗教思想、倫理学。

 講演で、明治初期から戦後の日本における人権観を概説しながら、20世紀後半から現代における人権の課題と方向性について論じた黒住氏は、「現代を生きる私たちには、人間の方向性を示す人がいないように思います。だからこそ、東洋哲学研究所創立者である池田大作SGI会長のような大きな世界観を示す方が必要なのです。池田会長は、アルゼンチンのエスキベル博士との対談集『人権の世紀へのメッセージ』のなかで、『21世紀の今こそ、人類は自らの歩んできた道を直視し、“第三の千年”へ向けて、正しき道を切り開かなければならない。歴史の過ちを繰り返してはなりません。それは、現代を生きる私たちにとって、避けて通れぬ使命であり、責務だと思います』と述べられていますが、これこそが今求められている大きな世界観です。池田会長は、責務という言葉を使われていますが、その責任感から皆に伝わるテーマを捉えて、多くの書籍や対談集を残されているのだと思います。日本で人権を考えるうえでは、戦争の歴史を見ることが大事です。本当に正しい人権観を持った人は、必ず反戦の行動をし、弾圧をされます。創価学会の牧口常三郎初代会長がまさにそうです。きちんと闘った人だからこそ、権力は牢獄に入れたのです。かつて、仏教やキリスト教は国に認められれば良いという考えを持っていて、世界的な広がりがありませんでした。そのため、仏典や聖書の文献解釈などは発展してきましたが、民衆の生活に入って実際に宗教として役に立ってきたとは言えませんでした。ですから、宗教はテキスト上のことを考えるのではなく、社会のなかに絆を築いていく役割があるのです」と語った。

連続公開講演会「人類の未来と人権」第3回(池田弘乃・山形大学准教授)

第3回「マイノリティと個人の尊厳:LGBTという言葉から考える」

◆講師:池田 弘乃氏(山形大学准教授)
◆開催日:2019年11月28日
◆会場:TKPガーデンシティ仙台(宮城・仙台市)


講演内容は「東洋学術研究」に掲載予定




 池田氏は、東京大学大学院法学政治学研究科博士課程単位取得満期退学。専門は法哲学で、現在、山形大学人文社会科学部准教授とともに、山形県内において男女共同参画審議委員会や、医療審議委員会の委員を務める。「フェミニズム法理論の研究」「特にリベラリズムと対⽐した場合の特徴について」等をテーマとして、研究活動を進めている。

 講演では、さまざまなマイノリティの存在を通して、なかでも性的なマイノリティである「LGBT」とは何かを問い、考えることの意味について、基礎的な用語などの解説を加えていった。そして、「本来、『性』という言葉は、『さが』と読んでいたことから、人間の本性という意味が込められており、現在の使い方とは異なっていました。性的なマイノリティを表す言葉としての『LGBT』が公的な文書で初めて使われたのは、2006 年と言われており、これは21 世紀に入ってから着目された人権概念です。また、性的志向と性自認を表すために生まれた『SOGI』という新しい言葉もあります。社会や法律が男女の2つの区分を前提に作られている現状において、これまでの人権概念とともに、LGBTをはじめとする新しい人権概念を、私たちはどのように知り、理解していくことができるかが、これからを生きていくために重要な第一歩であると考えます。性的な事柄やさまざまなマイノリティの存在を一部の人だけでなく、すべての人が自分事としてとらえることの大切さを知ることができます。そして、どのようにしてすべての人々が輝けるかを考え、そのために行動していこうと自覚することもできるのです」と述べた。

連続公開講演会「人類の未来と人権」第2回(桐ケ谷章・東洋哲学研究所所長)

第2回「生命尊厳の哲学を世界精神へ」

◆講師:桐ケ谷 章氏(東洋哲学研究所所長、弁護士)
◆開催日:2019年10月31日
◆会場:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター(東京・新宿区)


講演内容は「東洋学術研究」に掲載予定




 第2回となる公開講演会では、東洋哲学研究所の桐ケ谷章所長が講師を務めた。桐ケ谷所長は、創価大学副学長、同大学法学部長及び法科大学院研究科長等を歴任し、弁護士を務める。これまで、「信教の自由」「政教分離」「宗教団体の自治」「宗教団体の活動」「宗教法人法改正問題」「生命倫理をめぐる法律問題」等に関する研究・執筆を進めてきた。

 講演では、日本国憲法の規定や、第1から第3世代までの自由権・社会権などの人権の系譜を踏まえつつ、人権を基礎づける人類史上の思想に着目。東洋哲学研究所として大乗仏教からのアプローチの重要性について論究し、仏性が自分だけでなく他人にもあることを不軽菩薩の実践などを通して述べた。そして、十界論に見られる誰人にも内在する尊極の仏の生命を湧現させゆくことこそが、東洋哲学研究所創立者である池田大作SGI会長が現代で訴える「生命尊厳の哲理」であり、人権観の根幹であることを強調した。さらに、池田会長が提言した第3の「七つの鐘」において、「生命尊厳の哲学を時代精神にし、世界精神へと定着させる」と示された未来構想の実現へ向けての一人ひとりの行動・対話の歩みが重要であることを述べた。

連続公開講演会「人類の未来と人権」第1回(佐藤優・同志社大学客員教授)

第1回「キリスト教における神権と人権」

◆講師:佐藤 優氏(同志社大学客員教授、作家)
◆開催日:2019年10月11日
◆会場:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター(東京・新宿区)


講演内容は「東洋学術研究」に掲載予定




 佐藤氏は、同志社大学大学院神学研究科修了後、専門職員として外務省に入省。英国の陸軍語学学校でロシア語を学び、在ロシア日本大使館に勤務し、帰国後、外務省国際情報局で主任分析官を務めた。現在は同志社大学神学部客員教授、同大学良心学研究センター研究員、作家として、執筆や講演、寄稿などの言論活動を中心に活動を行う。専門は、組織神学。

 講演では、「現在の世界史の教科書などでは仏教は世界宗教となっていますが、それは東アジアや東南アジアに限定されている地域宗教に過ぎません。イスラーム、キリスト教は世界に広がっていることを見ると、それに比肩しうるのが、SGI(創価学会インタナショナル)の躍進であります。東の端に生まれた日蓮仏法が、西に還っているのです」と述べた。そして、キリスト教徒が多数を占めるヨーロッパにおいて、神権が人権へと変化していった流れに言及。「東洋哲学研究所は今、宗教間対話を積極的に進めています。人類が住むところの隅々で対話をしていこうという大変に大事な試みだと思います。創立者である池田大作SGI会長は、人と人の間にある偏見と誤解の厚い壁を、ただ破壊するだけのような共産主義・革命家的な行動ではなく、その壁の向こう側に仲間を作って平和を築いてこられました。このような行動こそが人間主義であり、創価学会の人権観であると思うのです」と語った。

トップへ戻る
ホーム講演会2019年