ホーム講演会2017年(平成29年)

公開講演会-2017年(平成29年)

2017年に行われた講演会です(最新順)。肩書は開催当時のものです。


連続公開講演会「生命倫理と宗教」第4回

第4回「中国文化における生命倫理」

◆講師:池澤 優氏(東京大学大学院教授、同大学死生観・応用倫理センター長)
◆開催日:2017年12月5日
◆会場:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター(東京・新宿区)


講演内容は「東洋学術研究」に掲載

 
 
 池澤氏は、東京大学卒業後、ブリティッシュ・コロンビア大学大学院博士課程修了を修了(哲学博士)。「中国古代宗教」「祖先崇拝」「死生観」の研究を専門とするとともに、儒教に関する論考も数多く発表している。講演ではでは冒頭、「生命倫理とは何か」を掲げて、その基本的な考え方を紹介。アメリカ、ドイツや日本での事例を比較として挙げながら、中国における生命倫理の現状について論究した。


 氏は、「生命倫理の考え方は、アメリカで生まれました。それまでも存在していましたが、あくまでも医療倫理で、医療従事者のための倫理でした。そのため、何が良いかは医者が決め、患者はそれに従うべきだという考え方となっていました。患者による自己決定は、一切認められていなかったのです」と言及。アメリカで生命倫理が権威を獲得したのは、1970年代に国会委員会が設定されたことであり、そこで「人格の尊重」を要として、「善行」「正義」「公正」の四大原則が定められた事実などを解説した。また、ドイツで生まれた生命倫理の論理は、人間のあり方を含め、宇宙の万物は人間の意志を越える何者かによって作られたものである。それは人間によってしか認識されないが、だからこそ、人間は自己が触れてはならない領域があることを承認しなければならないという、一種の宗教的な感覚を言語化・理論化したものである。また、日本では、『関わり合い』『つながり』の側面を強調する生命倫理である。こういった点から、文化が異なると生命倫理の現れ方も異なってくると言えるのではないかと語った。


 そして、中国では、医療の治療の正当性を儒教の仁に求め、儒医という儒教倫理を体現する医療によって、伝統医学の医療倫理が確立され、仏教の不殺生の考え方も入っていることに触れ、「現代の中国では、医師が専門職化していない現状があり、つまり国家のもとにあります。この中国に生命倫理学を導入したのは、邱仁宗という研究者です。これは、アメリカの生命倫理を輸入したもので、斬新なものでした。他者と社会にとって価値を見出す人間観のもと、一定のシステムを作るべきであるという考え方もっていました。中国の生命倫理とアメリカの生命倫理との違いは、出産に関する考え方でした。国家による生殖に関する政策を、どう倫理的に説明するのかは、中国の課題であったため、人間は社会に貢献している時に社会から尊重されるという生命倫理を掲げたのです」と論じた。最後に、「中国の生命倫理のキーワードは全体です。これは、儒教を継承しているかもしれませんが、それが何かが重要です」と述べた。

連続公開講演会「生命倫理と宗教」第3回

第3回「仏教と生命倫理」

◆講師:山本 典生氏(東洋哲学研究所委嘱研究員、順天堂大学大学院准教授)
◆開催日:2017年11月30日
◆会場:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター(東京・新宿区)


講演内容は「東洋学術研究」に掲載

 
 
 山本氏は、東京医科歯科大学大学院ウイルス制御学講座を修了し、次世代ワクチンの開発やウィルスに関する研究を専門としている。医学博士、医師として、国立感染症研究所や東京医科歯科大学などで職歴を重ねてきた。当研究所では、論考集「大乗仏教の挑戦シリーズ」への執筆や、八王子学園都市の市民講座で公開講座の担当などを行っている。

 講演では、「仏教と生命倫理」をテーマとして、仏教の生命観を「十界論」「九識論」「縁起論」を通して紹介した。全ての生命は、根源的な宇宙の生命を顕しているものであり、尊極の仏の生命であることに言及。現代医学の倫理的な諸問題に触れ、専門の見地からES細胞とiPS細胞の「再生医療」についての解説を行った。

 また、「受精胚は完全なヒトと同等か」「生殖医療の中で生み出された余剰胚を研究に使用できるか」などについて、仏教の視点から見た「人間の尊厳の手段化」「人のはじまり」「生命の多様性とアイデンティティー」の3つの問題点を挙げ、「人間の生命が最高に価値あるものと位置づけられるならば、人間の生命が何かある目的のために手段化されてはいけないのは当然です。人間のはじまりがいつなのかを、個体発生のプロセスの上で決めるのは難しい問題です。しかし、生命の萌芽としての尊厳性を考えていかなければなりません」と論究した。

連続公開講演会「生命倫理と宗教」

第2回「科学の進歩と生命をめぐる倫理的課題の過去・現在・未来──キリスト教における議論を参考にしながら」

◆講師:小原 克博氏(同志社大学教授、同大学良心学研究センター長)
◆開催日:2017年11月14日
◆会場:梅田スカイビル(大阪市・北区)


講演内容は「東洋学術研究」に掲載




 小原氏は、キリスト教思想、宗教倫理学、一神教研究を専門領域としている。同志社大学神学部を経て、同大学大学院で博士号を取得。同志社大学一神教学際研究センター長、京都・宗教系大学院連合議長などを歴任してきた。東洋哲学研究所では2001年11月に開催した公開講演会に氏を招聘。「キリスト教世界の女性たち」をテーマとした発表を行って以来、交流を結んできた。

 講演では、生命倫理の基本概念を確認するとともに、アメリカやカトリック世界における中絶や人の始まりに関する議論を紹介。そうした現状を通して、「倫理とは、他者のことを考える能力であり、共感する力であると思います。通常は、自分のことだけを考えるだけで精一杯です。ですから、そうしたなかで倫理は、他者への関心を持つという社会的な概念です」と述べた。

 また、キリスト教をベースとした点について、「生命に関わる問題について、キリスト教は、多くの議論が蓄積され、その例を世界的に見ることができるからです。私はいざという時の養いが信仰であると思います。そういった信仰が、善悪の判断をする上で必要であると考えます。皆さんもそういった力をお持ちであると思います」と論じた。
 

 そして、科学技術発達によって、画一的な価値で善悪や生命倫理の判断をすることが難しい時代になっていることに言及し、「多様な価値観を尊重していかなければなりません。ですから、選択可能な事柄の中から、最善を選択していくことを示す流れとなっています。これからは伝統的・つながりの中で見る日本的な命と、西洋的な個として見る命の視点のなかで、双方を見ていくことが大事になってきます」と語った。

 最後に、命を授かりものではなく、作り出すもの・選び出すものと考えているのが現代の生命観になっていると述べ、「制御したり、遺伝的選択をしたり、教育を施すという変える愛ではなく、授かりものとしての命であり、受け入れる愛というのが大切なのでないでしょうか。そうした命を正しく評価する価値観・倫理を私たちの時代の中心に据えていく必要があると思います」と望んだ。

連続公開講演会「生命倫理と宗教」

第1回「イスラームにおける生命倫理の諸問題」

◆講師:青柳 かおる氏(新潟大学人文学部准教授)
◆開催日:2017年10月31日
◆会場:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター(東京・新宿区)


講演内容は「東洋学術研究」に掲載



 青柳氏は、宗教学、イスラーム思想史が専門領域である。東京外国語大学でアラビア語を修めた後、東京大学大学院で博士号を取得。同大学院イスラーム学講座助教、日本学術振興会特別研究員を歴任してきた。東洋哲学研究所では、2010年にイスラームにおける婚姻論、2012年に神秘主義の思想と実践についての2回の講演会に登壇。2017年4月には、生命倫理に関する研究会を行うなど3回に渡って交流を続けてきた。


 講演会では、生命の尊厳に関わるような医療技術については社会的な合意形成が必要であり、生命倫理の問題意識は、1960年代の後半から70年代にかけて生じてきたものであると語った。青柳氏は、生命倫理とイスラームの概説を述べつつ、受精や中絶、生殖補助医療、終末医療などを踏まえて発表を行った。

 そして、イスラームが、クルアーンに基づき、世界で10億人を超える人々が信じる宗教であり、その根本は、クルアーンとムハンマドの言行録をまとめたハディースであると言及。カトリックとは異なり、教義についての公会議を行わず、そのため、クルアーンとハディースを解釈する法学者や時代・地域によって異なる解釈が生まれることを通して、イスラームには、生命倫理についても多数派と少数派それぞれの見解が存在する事実を紹介。そうした歴史によって生じたイスラームの多様性を述べた。

 さらに、生命倫理の問題を論じる上で重要となるイスラームにおける死を論じ、イスラム教徒にとって死とは恐れるものではなく、あくまでも通過点であると考え、それを乗り越えていくことを教えていると語った。そして、皆がムハンマドを生き方のモデルとして捉え、イスラームの教えに基づいていくことが「良き生」であるとしていると強調した。

特別講演会

「東アジアの平和の連帯を目指して」

◆講師:李壽成元首相(韓国 ソウル大学元総長)
◆開催日:2017年10月8日
◆会場:コングレスクエア中野(東京・中野区)

講演内容は「東洋学術研究」に掲載

 
 李壽成元首相は、韓国の哲人政治家として知られ、同国首相、ソウル大学総長などを歴任。法学博士であり、刑法や刑事政策等についての著作も多い。1999年に東洋哲学研究所創立者の池田SGI会長との会見に臨んだ際には、文化、教育、平和などについて語らいを行った。また、昨年9月から12月に韓国・ソウルで開催された「法華経――平和と共生のメッセージ」展において、展示会の実行委員長に就任している。

 講演会では、平和の礎となる生命について触れ、「人間が生命を持って生まれてくるのは奇跡です。一人ひとりが、かけがえのない存在であり、尊い存在です」と強調した。そして、自身が関わった法華経展を通して、「法華経には、一人ひとりが仏性を持った存在であると説いています。自分だけが特別なのではなく、人間全てが貴重な存在です。ですから、人間は誰に対しても傲慢になってはなりません。そして、目の前の人に謙虚であらねばならないのです」と語った。

 さらに、日本による韓国併合の歴史に言及。「戦争になれば、人は人を殺し合うのです。本来、韓国と日本は、兄弟の国ですが、歴史を見れば、様々なことがありました。一人ひとりが過去に起こった事実を知らなければなりません。そして、戦争を簡単に考えてはいけないのです」と述べ、「韓国・中国・日本の関係は今、あまり良いものではありませんが、東洋哲学研究所創立者である池田SGI会長は、韓国・中国で多くの顕彰を受けています。世界でこういう方はいらっしゃらないと思います。こうした方を尊敬し、希望の連帯を築いていく潮流が世界へと広がっていってほしいと願っています」と望んだ。

トップへ戻る
ホーム講演会2017年(平成29年)