ホーム講演会2016年(平成28年)

公開講演会-2016年(平成28年)

2016年に行われた講演会です(最新順)。肩書は開催当時のものです。


連続公開講演会「持続可能な未来と宗教」

第4回「大地の思想と現代世界」

◆講師:氣多 雅子氏(京都大学大学院教授、日本宗教学会会長)
◆開催日:2016年11月30日
◆会場:梅田スカイビル(大阪・北区)


講演内容は「東洋学術研究」に掲載



 氣多氏は、京都大学文学部及び同大学大学院を経て、金沢大学教授等を歴任。2014年より、日本宗教学会の会長に就任している。宗教哲学、宗教学を専門とし、『西田幾多郎「善の研究」(哲学書概説シリーズ)』(晃洋書房、2011年)、『ニヒリズムの思索』(創文社、1999年)、『宗教経験の哲学―浄土教世界の解明』(創元社、1992年)等、多数の著作を執筆する。

 講演では、文学や宗教などにおいて重要な概念として捉えられる「大地」について触れ、「大地は収穫の土台であり、ギリシャや日本の神話でも取り上げられる信仰の対象でもあります。それは、どこまでも広がるイメージとともに、特定の地域を指す言葉です」と語るとともに、あらゆるものを生み出す究極の母体が大地であり、生と死の繋がりの場所であることを述べた。

  
 氏は、仏教学者である鈴木大拙の書籍等を通して、日本の宗教性や霊性などについて言及した後、「大地と聞くと過去のノスタルジーを感じることもありますが、現代にあって、その第一義的な意味は地球にあると考えます。科学の発展によって、大地は一つの天体としての地球と捉えられるようになりました。人間の住処としての世界が、科学によって相対化されたのです。大地はどこまでも続くものであっても、地球にはいつか寿命が訪れるのです」とした。
 
 そして、地球が抱える諸問題群に対して、「私たちは地球に住むという選択をし、地球を作っていきました。それを自らの手によって環境破壊を行い、資源を食い潰していっています。こうした負の面を含めて、私たちは地球に住むことを引き受けなければなりません」「地球こそ大地なのです。それは、研究の対象や芸術の鑑賞品でも、使うべき資源でもありません。栄光と愚行の歴史を持つこの地球に住むことを、どう持続していくかが、大事な課題となるのです。こうした課題を前に宗教は、これまでの伝統とは違う形で、その方途を探っていく必要があるのではないでしょうか」と望んだ。

連続公開講演会「持続可能な未来と宗教」

第3回「持続可能な未来と宗教」

◆講師:加藤 尚武氏(京都大学名誉教授)
◆開催日:2016年11月17日
◆会場:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター(東京・新宿区)


講演内容は「東洋学術研究」に掲載



 加藤氏は、東京大学文学部及び同大学大学院を経て、千葉大学教授、京都大学教授、鳥取環境大学学長等を歴任。哲学、生命倫理学、環境倫理学を専門とし、『哲学の使命』(未来社)、『ヘーゲル哲学の形成と原理』(同)、『現代倫理学入門』(講談社学術文庫)、『脳死・クローン・遺伝子治療』(PHP新書)など多数の著作を執筆する。

 講演では、地球環境におけるエネルギーの大量消費の問題に触れ、「今、私たちの社会は、恐ろしいほどにエネルギーを消費して生きています。石油が枯渇したら、どうなるのか。水が無くなったらどうなるのか。大変な問題です。そして、生物の種が減少していくという問題もあります。こうした状況によって、人間が地球に住めなくなっているのです。今あるものを大切にし、簡単に消費することなく循環をさせていくことができれば、持続可能に繋がっていけると思いますが、それをどう実現していくかが大切です」と述べた。
 
 そして氏は、こうした現状を前にした宗教の役割について言及。仏教やキリスト教などの諸宗教が本来、自然と調和し、自然を守ることを教えていると論じるとともに、人間の欲望が拝金主義によって増長していることを強調した。そのうえで、「人間の欲望は自然に持っていたものだと思いますが、お金はそうではありません。不自然に欲望を増長させる存在であり、それを捨てることは非常に難しいのです。だからこそ、ここに宗教の役割があるのです」と語った。

 最後に、統一テーマ「持続可能な未来と宗教」を総括する形で、「人は宗教を信じることで、はじめて、社会も自然も繋がっていることを分かっていくものだと思います。正しい情報を得ることで、より良い生き方を模索していくべきです。簡素で満ち足りた生活の魅力を伝えるのが宗教であり、あらゆる人々の欲望を停める精神力を働かせなければ、持続可能性はありません。今の時代は、あふれんばかりの情報があるだけでなく、かつてと異なり、誤った情報が淘汰されることなく、むしろ悪い情報が多い状況と言えるでしょう。そうした中で、自分が信じるに足る情報を得るためには、人間を信じられるかどうかが大事になってくるのです」と望んだ。

連続公開講演会「持続可能な未来と宗教」

第2回「トインビーと宗教」

◆講師:川窪 啓資氏(麗澤大学名誉教授)
◆開催日:2016年10月25日
◆会場:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター(東京・新宿区)


講演内容は「東洋学術研究」に掲載



 川窪氏は、比較文明学、アメリカ文学を専門とし、麗澤大学外国語学部学部長、国際比較文明学会副会長、日本ナサニエル・ホーソーン協会会長等を歴任してきた。麗澤大学講師を務めた際に、廣池千太郎学長(当時)の通訳としてトインビー邸を訪問してより、トインビーの『歴史の研究』の読解・研究をはじめ、さまざまな角度から研究を推進。比較文明学の発展に尽力してきた。こうしたなかで自著『トインビーから比較文明』を上梓。トインビーの事績を「文明論」「宗教観」「国際政治学」の観点から研究し、「トインビーは未来の人類社会の一大精神的先達である」と位置付けている。


 講演では、トインビーの宗教の考察について、「トインビーは神という抽象的な存在が暗闇の中にあるようなもので分からないと言い、『究極的精神的実在』を信じるようになりました。イギリス国教会の家に生まれながら、他の人に宗教を語るために、カトリック、プロテスタントをはじめ、ユダヤ教、儒教、仏教を幅広く学んでいきました。つまり、比較文明から、その文明の中核である宗教へと向かっていき、何が宗教の本質なのかを探究していったのです」と言及した。

 そして、博士の研究態度の中心に、“文明は宗教によって生まれている”“文明と宗教の研究は一体である”といった考えがあったと強調。「だからこそ、世界にあるさまざまな宗教が争いの原因となるのではなく、話し合いをし、共に良い点を吸収し合って平和を創っていくことをトインビーは望んでいたのではないでしょうか」と語った。


 さらに、氏とトインビーとの出会いに触れ、「私は1972年、ロンドンでトインビーの通訳を務めたことがあります。握手をしたその手はとても柔らかく、その目は全ての人の本質を見ようとする力に満ちていました。お会いした人は皆、尊敬と敬愛の心を持つでしょう。それこそが、さまざまな思想・宗教を探究し抜いたトインビーが辿り着いた人格ではないでしょうか」と述懐。そして、広範に及んだトインビーの研究領域は多くの研究者から批判の対象となったが、そうした声に屈することなく文明史研究の礎を築いたことを通し、「トインビーの存在は、今日にあっても世界的であり、その考えにさらに迫っていかなければならないと思います」と述べた。

連続公開講演会「持続可能な未来と宗教」

第1回「イスラームの多角的理解~インドネシアのムスリムとの対話~」

◆講師:加藤 久典氏(中央大学教授)
◆開催日:2016年10月3日
◆会場:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター(東京・新宿区)


講演内容は「東洋学術研究」に掲載



 加藤氏は、法政大学卒業後、オーストラリア国立シドニー大学でPh.Dを取得。インドネシアのナショナル大学、フィリピンのデ・ラサール大学等を経て、中央大学総合政策学部教授。専門は宗教社会人類学、比較文明学。「インドネシアのイスラーム原理主義運動及び自由主義運動の展開」「インドネシアの土着信仰とイスラームの関係」「社会変化とインドネシアのイスラーム東南アジアの宗教と社会」等を研究領域とする。2012年には、トインビータルブット賞(国際比較文明学会賞)を受賞。現在、国際比較文明学会副会長を務める。

 
 講演では、物事には「事実」と「真実」の二つの要素があることに触れ、目に見える事実と違い、真実は隠されていて簡単には分からない。イスラームの多角的理解とは、その隠された部分を理解することであり、こうした態度があってはじめて、持続可能な未来であり宗教へと繋がっていくものではないかと論じた。

 また、フランスで起こったイスラームの風刺画の問題や各地で生まれる偏見に言及。「表現の自由の一方で、信仰にも尊厳があるといった視点で見ていかなければいけません」と強調した。

 ムスリムが行う宗教的儀式である六信五行の本義について確認をしながら、「特にムスリムにとって大事な考えがジハードです。誤解を生みやすい言葉ですが、これには、物理的な争いである小ジハードと、精神的な戦いである大ジハードの二つがあります。大ジハードは、よりよいムスリムになるための闘いであります。つまり、人と会うことも、対話をすることも大ジハードなのです。戦闘的なイメージはあくまでも、ステレオタイプ化されたもので、イスラームでは本来、〝異教徒は大切にしないといけない〟と教えているのです」と語った。

 最後に、現在のイスラーム社会における現実的な課題や諸問題を通して、ムスリムでも厳格な考えの人もいれば、柔軟な人もいる。理念に忠実な人もいれば、現実に合わせて様々な解釈をする人もいる。こうした多角的な見方をしなければ、本当の意味での共存は難しい。少しでもイスラームの多様性を理解していくことで、持続可能な未来を開いていきたいと述べた。

特別公開講演会

「民主制の心理学」

◆講師:ファターリ・モガダム博士(米ジョージタウン大学教授)
◆開催日:2016年3月20日
◆会場:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター(東京・新宿区)


講演内容は「東洋学術研究」に掲載

  

 ファターリ・モガダム博士は、イラン出身で、英国リバプール大学を卒業。同国のサリー大学で博士号(心理学)を取得する。カナダのマッギル大学を経て、1990年から米国のジョージタウン大学で教鞭を執っている。現在、同大学心理学部教授、政治学部・紛争解決プログラムのディレクターを務める。グローバル化、テロリズムの心理に焦点を当てた文化とグループ間の対立等の研究を進めている。

 講演では、社会の変革には、①国の法律や地域の規範を変えないまま進む変革②法律や制度の変革③規範と法律が変えられ、さらに体制そのものが変革されるという3つのタイプがあると言及。これを踏まえて「現実には、体制の変革は、革命などで実現されているように見えるかもしれませんが、これはほとんど成し遂げられていません。つまり、社会全体という大きな単位で変革を遂げるのは、ある意味ですぐにできるかもしれませんが、個人というミクロの単位での変革はより時間がかかるからです」と述べた。

 その上で博士は「本当の意味での変革をもたらすためには、適切なリーダーの存在と、それを支える優れた人々が必要です。そして、その上で新たな体制で機能する民主主義を理解する市民が必要なのです。変化を遂げると言っても、必ずしも望んだようにならないこともあります。左翼化をしたり、過激主義へ向かったりして絶対性がないのです。紙の上で体制変革はできるかもしれません。しかし、人々の心理・行動を変えるのは困難なのです。真実の民主主義に移行するために、人々は何を変える必要があるのでしょうか。私は、人間の能力をどう開発することができるのかに心を配っていくべきだと思います」と強調した。

トップへ戻る
ホーム講演会2016年(平成28年)