ホーム講演会2015年(平成27年)

公開講演会-2015年(平成27年)

 2015年に行われた講演会です(最新順)。肩書は開催当時のものです。 


連続公開講演会「地球文明への道」

第5回「いのち、芸術、科学技術――その関係を物語るとすれば」

◆講師:モンテ・カセム氏(立命館大学国際平和ミュージアム館長、同大学特命教授)
◆開催日:2015年10月29日
◆会場:梅田スカイビル(大阪・北区)

講演内容は「東洋学術研究」に掲載

 
 モンテ・カセム氏は、スリランカ出身で、建築学・都市工学などを専門とし、東京大学大学院を修了。立命館アジア太平洋大学学長、立命館大学副総長などを歴任した。さらに、国内の大学として初となる平和ミュージアムの館長に就任し、平和・教育や環境問題などに取り組んでいる。

 講演では、「いのちは、私や東洋哲学研究所が取り組んできた研究のなかでも、大切なテーマだと思います」と述べ、「人間はなぜ、いがみ合い、分裂をしていくのかと思うのです。なぜ、一緒に力を合わせて生きていけないのか。科学者である私は、微生物などをはじめ生命に多く触れてきました。その経験から言えるのは、いのちは、逞しいものです。自分のいる環境で一生懸命、生き残る努力をするのです」と言及。国連職員として12年勤める間、知性の必要性を深く実感し、「真の知性とは芸術に通じ、理性と感性を合わせ持つものです。そして、皆様と同じように哲学を持つことです。目の前の現実の解決法が、正しいかそうでないかを判断するために、必要なのです」と語った。そして、科学者たちが「地球の未来」について論じ合っていることに触れ、科学の分野だけでなく、あらゆる分野の知性を結集し、持続的に未来を生き抜くための方途を探ることが重要であると指摘した。

 そして、「地球の源となるいのちを大切にすることが、社会を変革し、平和を築く基本となるのです。私は、平和とは何かと問われた時、戦争が無いことではありませんと答えます。では何が平和かと言えば、それは、いのちを喜び、いのちを祝える社会が生まれていることなのです」と語った。

連続公開講演会「地球文明への道」

第4回「21世紀を築く力――ソクラテス・カントの英知に学ぶ」

◆講師:石神 豊氏(創価大学文学部教授)
◆開催日:2015年10月15日
◆会場:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター(東京・新宿区)

講演内容は「東洋学術研究」に掲載

 
 石神氏は、哲学・倫理学を専門とし、創価大学では文学部学部長などを歴任。本年より、東洋哲学研究所の主任研究員を務め、研究所に新たに設置された「文明論プロジェクト」の中心として、トインビー研究・比較文明研究などをリードしている。講演会では、東洋哲学研究所が掲げる「地球文明の創出」にあたり、自身が専門とする哲学分野から、ソクラテスとカントをもとにした考察を発表した。

 氏は「混沌とした21世紀において、人間がいかに生きるべきかが、ますます問われています」と述べ、特に今、人々が科学や社会制度に縛られ、ある意味で奴隷のようになって、孤立した状況を生んでいる状況と言及。その上で、「私が注目するソクラテスとカントは、物事の見方を転換させ、内なる自分に迫ろうとした人たちです。そして、能動的な態度で考えることの大切さを訴えてきました。人間の最大の能力は考えることであり、それは人間の尊厳に関わる行為です」とし、「考えることは人間を創る力であり、ソフトパワーであるのに対して、考えることを暴力などによって押さえつけることはハードパワーと言えるでしょう」と述べた。

 そして、ソクラテスは言葉によって人と人とを結びつけ、カントは人を自律の主体として尊厳なるものとしたと解説。「何よりも両者に共通するのは、生命の永遠性を覚知したことです。これによって、人間の幸福観から思考をスタートさせたのです。ソクラテスとカントの人間観と思考は、現代の問題に対処する為の多くの示唆を与えているのです」と語った。


連続公開講演会「地球文明への道」

第3回「文明の転換期――人類の過去と未来」

講師:伊東 俊太郎氏(国際比較文明学会終身名誉会長、東京大学名誉教授)
◆開催日:2015年9月29日
◆会場:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター(東京・新宿区)

講演内容は「東洋学術研究」に掲載

 伊東氏は、東京大学卒業後、米国ウィスコンシン大学にてPh.Dを取得。これまでに東京大学、コペンハーゲン大学、チュービンゲン大学などで教鞭を執った。また、ケンブリッジ大学・クレアホール客員特別研究員、プリンストン高等研究所客員研究員、国際比較文明学会会長、日本比較文明学会会長、日本科学史学会会長、地球システム・倫理学会会長などを歴任している。

 講演会では、「現代の世界にあって、『地球文明』という枠組みは存在していませんでした。これまでは、欧州中心の世界観であり、イスラームやインド、中国が含まれておりませんでした。それは、ヘーゲルが言った“世界精神が眠っている”状態であり、誤った見方であったと思います」と述べ、現在のさまざまな問題を鑑み、人類全体の地球文明の歴史が再建されなければならないと語った。

 氏は、人類は今日に至るまで5つの文明の転換期を経て、現代は第6の大きな転換期である「環境革命」の時代に突入していると言及。「私は、それぞれの革命を『人類革命』『農業革命』『都市革命』『精神革命』『科学革命』、そして『環境革命』と名づけましたが、こうした人類史を見通した時に求められるのは、人類が向かうべき進路を考えることです。それには単なる知識だけでなく、人類の生存を確保する英知が必要です」と強調。「自然の支配を目指し、自然と対立する行き過ぎた姿勢から、自然と共生し、持続的に発展するという生き方に変わらなければなりません。成熟した文明を築く時なのです。私は、来るべき世代の方々に、平和で安全な世界を渡していかなければならないと強く思っています」と訴えた。

連続公開講演会「地球文明への道」

第2回「宗教の公共哲学――諸宗教間の対話のために」

◆講師:山脇 直司氏(東京大学名誉教授、星槎大学共生科学部学部長)
◆開催日:2015年9月17日
◆会場:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター(東京・新宿区)


講演内容は「東洋学術研究」に掲載

 

 山脇氏は一橋大学を卒業後、ドイツ・ミュンヘン大学にて哲学博士号を取得。これまで東海大学、上智大学、東京大学などで教鞭を執った。公共哲学と社会思想史を専門とし、特に公共哲学は近年注目を集めてきた分野であり、同分野の第一人者として著名である。
 
 講演会では「私が主張する『公共哲学』とは、より良き、公正な社会を追求しつつ、現下で起こっている公共的諸問題を市民と共に論考するという実践的学問のことです」と述べ、哲学と言っても空理空論ではなく、政治や経済、教育、宗教など至る所で公共的な問題が考えられなければならないとし、その上で具体的な施策や理念が必要であると語った。
 
 「宗教の公共哲学」に関しては、「信仰は公共的な世界のなかの営為として考えられなければなりません。すなわち、身内と他者を結びつけるのが、宗教という公共哲学です。そして何よりも、他宗教の差異を認め、不平等の社会に公共善とより良き価値を創出するものでなければなりません」と述べつつ、「信仰者とは、自身の考えに固執する原理主義者であったり、相対主義者であってはいけません。異質な人との対話を拒まず、ある意味で理解するゆとりを持つのがあるのが本物の宗教だと考えます」と語った。

連続公開講演会「地球文明への道」

第1回「知恵と自己――仏教とキリスト教との対話」

◆講師:稲垣 良典氏(九州大学名誉教授)
◆開催日:2015年9月8日
◆会場:アクロス福岡(福岡市)


講演内容は「東洋学術研究」に掲載




 稲垣氏は、東京大学を卒業後、アメリカ・カトリック大学大学院で博士号を取得。南山大学、九州大学、福岡女学院大学、長崎純心大学の教授等を歴任している。これまで、中世神学の大家であるトマス・アクィナスに関する著作等の発表や、『神学大全』の翻訳などを行っている。

 講演では、「知恵」と「自己」の関係性触れ、すべての人間は幸福を望み、それを最終的な目標として生きている。幸福の実現には、それを望むだけでなく人間にとっての真の幸福をより深く探求し自己を知る必要性について論じた。また、「知ることをすべて科学的に捉えることはできません。知識から知恵へと変化させていくことが、一面化した知識を変えることなのです。知恵はラテン語で味わうという意味があります。知識を磨いて深い真理を味わうことが、知恵の本来の意味なのです」とし、この知る場所こそが宗教であると指摘した。

 氏は、真実の自己を求め、知ろうとしていく点においてキリスト教と仏教は一致する。対立するように見えるのは表面であり、深く遡っていけば同じであるとの見解を示し、キリスト教と仏教の対話がより一層深まっていくために、自分自身として尽力していきたいと述べた。

特別公開講演会

「現代における平和・融合・希望の哲学――池田SGI会長の法華経の智慧に関する対話」

◆講師:カルロス・マヌエル・ルア院長(アルゼンチン サルバドル大学東洋学学院院長)
◆開催日:2015年10月12日
◆会場:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター(東京・新宿区)

講演内容は「東洋学術研究」に掲載

 
 カルロス・マヌエル・ルア院長は、サルバドル大学卒業後、アルゼンチン・カトリック大学にて修士号取得(生命倫理学)。サルバドル大学イスマエル・キレス神父学院院長等を歴任している。

 講演では昨年9月、サルバドル大学において東洋哲学研究所が企画・制作する「法華経――平和と共生のメッセージ」展が開催されたことに触れ、「東洋学を学び、教える私にとって、仏教の思想と深淵な教えに触れる貴重な機会となりました。特に、多くの言語で翻訳された法華経写本の数々を観賞する機会を得て、膨大な経典群のなかにあって、法華経がどのような流伝の歴史を辿ったのかを知ることができました」と感想を述べた。

 さらに「法華経には、時代が移り変わっても、失われない力があります。生命には無限の可能性がある。そして、全ての生命に仏性という最高の境涯がある事を教え、今いる場所で最大の力を発揮することを教えた経典です」と強調。自然の脅威などさまざまな人類的課題がある現代世界にあって、池田SGI会長は人間を根本としながら〝法華経の智慧〟によって諸問題を乗り越えていくことを教える存在であると語った。

 最後に、「世界平和の実現といっても、それは一人ひとりの日常のなかの小さな努力から始まると思います。法華経の最も重要な精神は、私たちが人々の幸福のために具体的な行動をすることを教えた点にあるのです」と指摘した。

特別公開講演会

「『東洋の知恵』の魅力――中国学術界に広がる池田研究」

◆講師:韋立新 博士(広東外語外貿大学教授、同大学池田思想研究所所長)
◆開催日:2015年8月6日
◆会場:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター(東京・新宿)

講演内容は「東洋学術研究」に掲載

 韋立新博士は、暨南大学中外関係史専攻博士課程修了し、博士(歴史学)を取得。中日仏教文化、日本仏教思想史を専門とし、広東外語外貿大学東亜研究センター主任教授、中華日本哲学会副会長、中国日本史学会古代史専門委員会会長等を務める。さらに、2009年に同大学に発足した池田思想研究所の初代所長として、東洋哲学研究所・創立者である池田SGI会長の思想・哲学に関する論考を発表するなどの活動を続けている。

 講演会で博士は、中国の学術界において、この10年にわたって、SGI会長の思想・哲学に関する研究やシンポジウムが盛んに行われてきた事実に言及。その理由の一つとして、周恩来が語った「水を飲むとき、井戸を掘った人を忘れてはならない」との言葉を通し、中日関係が最も厳しい時代にSGI会長が訴えた「中日国交正常化提言」への深い敬意があると強調するとともに、その歴史的意義を述べた。

 博士は、SGI会長の哲学が中国における調和社会の構築や文化建設をする上で模範とするべき哲学であり、中国が目指す最大の目標であると述べ、「生命の尊厳を守り、人々を尊重する池田思想は、今後必ず賛同を得ていくに違いありません」と語った。

 また、SGI会長が発するメッセージが「法華経の智慧から、現代社会の直面するさまざまな問題群への解決を求める東洋の智慧の結晶である」とし、こうした潮流の中から、中国学術界における池田思想研究が広がりを見せていると力説した。 

特別公開講演会

「回復力のある持続可能な社会へ――ガンジーと池田SGI会長から学ぶ」

◆講師:ニーラカンタ・ラダクリシュナン博士(ガンジー研究評議会議長)
◆開催日:2015年6月18日
◆会場:仙台市福祉プラザ(宮城・仙台市)



 
 ラダクリシュナン博士は、インドにおけるガンジー研究の代表的研究者であり、非暴力活動家、哲学者、作家、芸術家として幅広く活動している。マハトマ・ガンジー非暴力開発センター所長、非暴力デリー会議副会長等を歴任。平和と国際的理解の促進の為に、ガンジー思想の啓蒙に尽力している。

 博士はこれまで、東洋哲学研究所とラマチャンドラン博士生誕百周年記念国家委員会との日印共同シンポジウム(2005年9月)への出席をはじめ、東洋哲学研究所との交流を進めてきた。2012年に開催した特別公開講演会では、「世界平和のための非暴力抵抗運動『サティヤーグラハ』と人間革命」をテーマに発表を行っている。

 博士は、講演の開始前に、東日本大震災によって甚大な被害を受けた宮城県石巻市を訪問。地元のボランティアのメンバーから被災当時の状況の説明を受けた。また、自らも被災しながら、「がんばろう! 石巻」の看板を製作した黒澤健一さんに「黒澤さんの中にある無限の力、勇気から、私は大いなる啓発を受けました」と語り、東北で復興活動を続ける人々に励ましを送った。

 講演会で博士は、「回復力のある持続可能な社会へ――ガンジーと池田SGI会長から学ぶ」をテーマに発表を行った。冒頭、想像を超える大震災の爪痕を目にした心情を語り、「私はきょう、自然の猛威によって破壊された石巻を訪問しました。その光景を見て、全ての人が悲しみに暮れ、涙を流しただろうと思いました。多くの方が自宅を失い、命を失いました。大切な家族を、全てのものを失いました。大震災は、自然が隠していた爪を表し、脅威を見せた一瞬でありました」と述べた。
 そして、「そうした事に思いを馳せるなか、『がんばろう! 石巻』の看板を見て、私は実感したのです。それは、偉大なる一人ひとりが、大いなる苦難に果敢に挑み、立ち上がり、正義の為に戦うという強靭な確信を持っているということです。そして、勇気を持って立ち向かったことを学びました」と語った。

 また、マハトマ・ガンジーと池田SGI会長が有する思想と行動について、「ガンジーは、社会変革を成し遂げる為に立ち上がりました。池田会長もまた、社会変革をもたらすことのできる個人の能力を開花させる運動を展開されてきました」と紹介。戦争や殺戮が繰り返されてきた人類の歴史に対して、「池田会長はグローバルな“ヒューマンファミリー”、つまり世界市民という概念を提唱していますが、ガンジーもまた『世界は一つの家族』という思想を提唱しています。池田会長が説明されたのは人間の友愛です。そして、人種、民族に関係なく人類は一つであることを教えているのです」と訴えた。

 博士は、憎しみや暴力を排除し、愛と解放の人間性を復興させることが重要であり、人類は、母親が子供を愛するのと同じような気持ちを持たなければならないと呼びかけた。さらに、両者が女性をエンパワーし尊重する運動を続けてきたことに触れ、女性が教育を受け、力をもつことによって、憎しみや殺戮のない、調和、寛容、尊厳の世界を創ることができると語った。

特別公開講演会

「文明間対話における女性と青年」

◆講師:ライハナ・アブドゥーラ・博士(マレーシア マラヤ大学人文学研究クラスタ副院長)
◆開催日:2015年3月22日
◆会場:日本青年館(東京・新宿区)


講演内容は「東洋学術研究」2015年第1号に掲載

 

 
 ライハナ博士は、イスラーム家族法、イスラーム法とジェンダー、イスラーム法と社会を専門分野として、マレーシアにおけるムスリム女性の法意識の向上にかかわる活動などを行っている。イスラーム法弁護士資格を有し、マラヤ大学文明間対話センター所長等を歴任。現在、同大学人文学研究クラスタ副院長、イスラーム研究学部シャリーア法学科准教授を務める。

 博士は、東洋哲学研究所と同大学との共同シンポジウム「文明間対話――平和・共生・持続可能性」の開催(2012年10月)をはじめ、これまで東洋哲学研究所との交流推進に尽力し、同年に学術交流協定を締結している。特別公開講演会に先立つ東洋哲学研究所の第30回学術大会(3月21日、創価大学)では、「イスラームにおける男女の平等」をテーマに発表を行っている。

 講演会で博士は、現代世界において固定化されたイスラームのネガティブなイメージに言及し、「今回のような講演会は非常に重要な機会です。私の話を通して、イスラームの信仰や社会的情勢などについて、皆様がこれまでより良いイメージを得ることができれば、相互理解や共存の道が創られていくものと思います」と語った。

 さらに、ネガティブなイメージによって、イスラーム世界の女性や青年たちが抑圧されているとし、現状を変革しイスラーム文明が飛翔しゆくためには、彼らが自分たちの考えを発信し、パラダイムの転換を図る必要があることを述べた。博士は「歴史を振り返ると、植民地主義や紛争、テロ事件などによって、平和と共存が困難であったことが分かります。だからこそ、調和を生み、問題の解決を図るために、相互の対話を促進していくしかありません」と強調。「女性と青年が、対話の恩恵を受けるためには、長い道のりがあると思います。しかし私たちは、女性や青年たちが積極的に発言できる環境・コミュニティーを作らなければならないのです」と訴えた。

トップへ戻る
ホーム講演会2015年(平成27年)