ホーム学術交流2018年(平成30年)

中国・敦煌研究院と学術交流協定

中国・敦煌研究院と東洋哲学研究所との学術交流協定調印式が9月4日、中国・甘粛省敦煌市の同研究院で行われた。これには、同研究院の王旭東院長、東洋哲学研究所の川田洋一顧問らが出席した。

協定では、これまで取り組んできた法華経展開催に伴う協力に加え、学術活動の共同実施や相互交流のさらなる促進を盛り込んでいる。今回の締結で東洋哲学研究所の学術交流協定の締結機関は11機関目となる。

調印式で王旭東院長は「東洋哲学研究所は非常に重要な学術組織で、これまで法華経展やシンポジウムを実施してきました。2017年10月にはシンガポールでの法華経展を通し、私たちとの協力関係が深まりました。これから力を合わせて、今まで以上に発展をしていきたい」と語り、研究活動推進への意欲を語った。

トップへ戻る
ホーム学術交流2018年(平成30年)