ホーム研究所紹介沿革

沿革

1961年 2月 4日、創立者・池田大作創価学会会長(当時)、インド・ブッダガヤの地を訪れて研究所設立を構想
1962年 1月 27日、「東洋学術研究所」を創立(東京・新宿区)
  11月 機関誌「東洋学術研究」を創刊
1965年 12月 3日、財団法人「東洋哲学研究所」として設立認可、発足
1973年 4月 東京・渋谷区に移転
1978年 10月 シルクロード仏教遺跡(アフガニスタン、パキスタン)を視察<第一次>
1979年 8月 シルクロード仏教遺跡(パキスタン)を視察<第二次>
1981年 4月 「東洋学術研究」通巻100号
1985年 3月 第1回学術大会を開催(以降、毎年3月に開催)
1986年 6月 東京・八王子市に完成した新研究所に移転。多数の来賓が出席し、開所記念セレモニー
1987年 7月 『The Journal of Oriental Studies』(『東洋学術研究』英語版)No.1を発刊
1989年 5月 ロンドン郊外のタプロー・コートに東洋哲学研究所「ヨーロッパ・センター」を開設
  8月 仏教と平和に関する国際会議に参加(モンゴル)
1991年 3月  ヨーロッパ・センターで連続講座「東洋の英知と現代社会」を開始
  8月  ニューデリーで、創立30周年を祝賀する日印合同シンポジウムを開催
1992年 2月 インド文化国際アカデミーと学術交流協定
  10月 中国社会科学院「世界宗教研究所」と学術交流協定
1993年 9月 南山宗教文化研究所と交流を始める
1994年 1月 創価学会の委託を受け、「法華経写本シリーズ」の刊行プロジェクトが発足
  8月 「アショカ、ガンジー、ネルー展」記念の日印合同シンポジウムに代表が出席
1995年 8月 国連創設50周年・日印合同シンポジウム(インド文化関係評議会、インド国連協会等と共催)
1996年 5月 東洋哲学研究所「香港センター」を新界に開設
  8月 ニューデリーで「日本とインドとアジア社会」の日印シンポジウム(ネルー記念博物館、インド文化関係評議会等と共催)
  8月 インド・アジア協会と学術交流協定
  9月 北京大学での国際宗教シンポジウムに代表が出席
  11月 ロシア科学アカデミー東洋古文書研究所と学術交流協定
1997年 5月 『旅順博物館所蔵 梵文法華経断簡―写真版及びローマ字版』を発刊
  5月 ドイツで、ヨーロッパ・センター主催の「宗教間対話シンポジウム」
  5月 東洋哲学研究所「ロシア・センター」をサンクトペテルブルクに開設
  6月 カナダでの国際学術会議「世界秩序の進展」に代表が出席
  10月 ドイツで、ヨーロッパ・センター主催の仏教シンポジウム
1998年 3月 カナダ・モントリオール大学文理学部「東アジア研究所」と学術交流協定
  3月 ヨーロッパ科学芸術アカデミー等主催のシンポジウム「大乗仏教と救済の問題」に代表が出席(ドイツ)
  5月 創立者の「文明間対話」シリーズの連載を『東洋学術研究』誌上で開始
  11月 『ネパール国立公文書館所蔵 梵文法華経写本―写真版』を発刊
  11月 「法華経とシルクロード」展を開催(東京・戸田国際記念会館)
1999年 5月 中国社会科学院「世界宗教研究所」と第1回共同シンポジウム「法華経の歴史的意義と21世紀における役割」(東京)
  8月 アメリカ心理学会総会でのシンポジウム「仏教と西欧心理学の思想」に代表が出席
2000年 3~5月 オーストリアとドイツで「法華経とシルクロード」展
  4月 ヨーロッパ科学芸術アカデミー等主催の「宗教間対話シンポジウム」に代表が出席(ドイツ)
  5月 『カーダリク出土 梵文法華経写本断簡』を発刊
2001年 5月 『ネパール国立公文書館所蔵 梵文法華経写本―ローマ字版1』を発刊
  9月 中国社会科学院「世界宗教研究所」と第2回共同シンポジウム「大乗仏教と現代文明」(北京)
  9月 ヨーロッパ科学芸術アカデミー主催の「4大宗教間対話シンポジウム」に代表が出席(ウィーン)
  9月 ロシア・センターで「法華経写本と思想」シンポジウム
2002年 3月 『ケンブリッジ大学図書館所蔵 梵文法華経写本―写真版』を発刊
  5月 ヨーロッパ科学芸術アカデミー主催の「4大宗教間対話シンポジウム」に代表が出席(ミュンヘン)
  10月 ドイツでの国際シンポジウム「未来の世界――分断された世界を結ぶ橋」に代表が出席
2003年 3月 ケンブリッジ大学で梵文法華経写本の出版記念式典
  3月 インド・国立ガンジー博物館と学術交流協定
  8月 国立ガンジー博物館と共催で「ガンジー主義と仏教」のシンポジウム(ニューデリー)
  8月 インドで「法華経――世界の精神遺産」展
  10月 ヨーロッパ科学芸術アカデミー主催の「宗教間対話シンポジウム」に代表が出席(ウィーン)
  11月 『東京大学総合図書館所蔵 梵文法華経写本―ローマ字版』を発刊
2004年 1~9月 「法華経――世界の精神遺産」展をスリランカ、シンガポール、タイで開催
  3月 『ネパール国立公文書館所蔵 梵文法華経写本―ローマ字版2』を発刊
  8月 国際アジア・北アフリカ研究会議(ICANAS)へ代表を派遣(モスクワ)/法華経写本シリーズを展示
  10月 文明間の対話のための池田フォーラム(主催:ボストン21世紀センター、ソロー協会、共催:東洋哲学研究所)
  10月 中国社会科学院「世界宗教研究所」と第3回共同シンポジウム「現代文明と宗教間対話」
  10月 北京大学で同大「池田大作研究会」と国際学術シンポジウム
2005年 3月 『ロシア科学アカデミー東洋学研究所サンクトペテルブルク支部所蔵 西夏文「妙法蓮華経」―写真版(鳩摩羅什訳対照)』を発刊
  9月 ラマチャンドラン博士生誕100周年記念国家委員会との日印共同シンポジウム(東京)
  10月 ハーバード大学で同大「世界宗教研究センター、イェンチン研究所」と共同シンポジウム
2006年 9月  「ワールド・パブリック・フォーラム」第4回総会に代表が出席(ギリシャ)
  10月  ロシア科学アカデミー東洋学研究所と共同シンポジウム(サンクトペテルブルク)
  11月  香港中文大学と共同シンポジウム(香港)
  11月  「法華経――平和・共生のメッセージ」展を香港で開催
2007年 4月  サティヤーグラハ100周年記念 日印共同シンポジウム(東京)
  4月 『英国・アイルランド王立アジア協会所蔵 梵文法華経写本(No.6)―ローマ字版』を発刊
  4~6月 「法華経――平和・共生のメッセージ」展をマカオで開催
  9月 ヨーロッパ科学芸術アカデミーと共同シンポジウム(ドイツ)
  10月 世界詩歌協会と共同シンポジウム(インド・チェンナイ)
  10月 「法華経――平和と共生のメッセージ」展をインドで開催(チェンナイ)
2008年 3月 「人類の遺産・仏教経典――池田SGI会長とロケッシュ・チャンドラ博士との交流」展を東京で開催
  4月 『パリ・アジア協会所蔵 梵文法華経写本――ローマ字版』を発刊
  4月 インドで「法華経――平和と共生のメッセージ」展(ニューデリー)
  9月 ロシア科学アカデミー哲学研究所と共同シンポジウム(モスクワ)
  10月 米・ウェルズリー大学と共同シンポジウム(ボストン)
2009年 4月 『大英図書館所蔵 梵文法華経写本(Or.2204)―写真版』を発刊
  4月 「法華経――平和と共生のメッセージ」展をスペインで開催(レリダ)
  4月 スペイン・レリダ大学と共同シンポジウム(レリダ)
  9月 研究成果を市民に広く提供する「一般公開講座」を開始(八王子)
  10月 中国社会科学院「世界宗教研究所」と共同シンポジウム(北京)
2010年 3月 『ケンブリッジ大学図書館所蔵 梵文法華経写本(Add.1684)―ローマ字版』を発刊
  7月 「法華経――平和と共生のメッセージ」展をネパールで開催(カトマンズ)
  8月 「法華経――平和と共生のメッセージ」展をインドで開催(コルカタ)
  11月 18日、公益認定の登記を行い、公益財団法人となる
  12月 ブラジル哲学アカデミーと共同シンポジウム(リオデジャネイロ)
  12月 「法華経――平和と共生のメッセージ」展をブラジルで開催(リオデジャネイロ)
2011年 2月 インドで研究所創立構想50周年記念シンポジウム(インド文化国際アカデミー、インディラ・ガンジー国立芸術センターと共催)
  3月 『大英図書館所蔵 梵文法華経写本(Or.2204) ―ローマ字版』を発刊
  4月 「法華経――平和と共生のメッセージ」展をブラジルで開催(サンパウロ)
  5月 「法華経――平和と共生のメッセージ」展をスリランカで開催(コロンボ)
  11月 「法華経――平和と共生のメッセージ」展をイギリスで開催(ロンドン)
  11月 ブルガリア・ソフィア大学のスラヴ・ビザンティン研究所と共同シンポジウム(ソフィア)
2012年 2~3月 「法華経――平和と共生のメッセージ」展をスペインで開催(マドリッド近郊)
  3月 『インド国立公文書館所蔵 ギルギット法華経写本―写真版』を発刊
  3~5月 「法華経――平和と共生のメッセージ」展を東京で開催(八王子)
  6月 ヨーロッパ科学芸術アカデミーと共同シンポジウム(東京)
  8~11月 「法華経――平和と共生のメッセージ」展を関西で開催(神戸)
  10月 マラヤ大学文明間対話センターと共同シンポジウム(クアラルンプール)
2013年 1~3月 「法華経――平和と共生のメッセージ」展を台湾で開催(台北)
  5月 「法華経――平和と共生のメッセージ」展をスリランカで開催(コロンボ)
  9月 アメリカ・南カリフォルニア大学日本宗教文化センターでシンポジウム(ロサンゼルス)
  9月

『ロシア科学アカデミー東洋古文書研究所所蔵 梵文法華経写本(SI P/5他)―写真版』を発刊

  9~10月 「法華経――平和と共生のメッセージ」展を九州で開催(福岡)
2014年 2~5月 「法華経――平和と共生のメッセージ」展をマレーシアで開催(クアラルンプール)
  3月 『コルカタ・アジア協会所蔵 梵文法華経写本(No. 4079)―ローマ字版』を発刊
  9月 連続公開講演会「地球文明への道」がスタート(全5回。11月まで)
  9~10月 「法華経――平和と共生のメッセージ」展をアルゼンチンで開催(ブエノスアイレス)
  10~11月     「法華経――平和と共生のメッセージ」展を北海道で開催(札幌)
  11月 「法華経――平和と共生のメッセージ」展をアルゼンチンで開催(サン・ミゲル・デ・トゥクマン)
トップへ戻る
ホーム研究所紹介沿革