ホーム研究所紹介所長・代表理事

所長(代表理事) 桐ケ谷章 あいさつ

東洋哲学研究所は1961年、創立者である池田大作創価学会インタナショナル会長がブッダガヤ訪問の「仏法西還」の旅路のなかで構想されたものです。

 創立者が研究所に示された“原点”とは、第一に数千年の長きにわたって、東アジアの民衆の精神を潤してきた「法華経」の研究を深めること。第二に、仏教の思想と他の宗教、思想、科学との比較研究をすること。第三に、人類的課題を解決するための、仏教を基調とした人間主義、平和主義の理論を構築することでした。

第一の「法華経」の研鑽は、「法華経とシルクロード」展となって開花しました。ロシア科学アカデミー東洋古文書研究所が所蔵する、法華経をはじめ重要経典の写本を公開し、日本と欧州の仏教研究者より多くの称賛の声をいただきました。この展示は、オーストリア、ドイツでも行われました。さらに「法華経――平和と共生のメッセージ」展が日本国内をはじめ、香港、マカオ、インド、スペイン、ネパール、スリランカ、ブラジル、イギリス、台湾、マレーシア、アルゼンチン、韓国、ペルーへと展開しております。

 また当研究所は、創価学会の“法華経原典出版”の編集を担当し、これまで日本や世界の専門家の協力を得て、旅順博物館、ネパール国立公文書館、ケンブリッジ大学図書館、東京大学総合図書館、ロシア科学アカデミー東洋古文書研究所、英国・アイルランド王立アジア協会、パリ・アジア協会、大英図書館、インド国立公文書館等が所蔵する各種法華経原典の研究・解説にたずさわっています。その成果である「法華経写本シリーズ」は、『インド国立公文書館所蔵 ギルギット法華経写本―写真版』『旅順博物館所蔵 梵文法華経断簡―写真版及びローマ字版』などとして、写真版・ローマ字版を刊行してきました。

 次に、第二、第三の分野では、これまで世界各地の大学・研究所との共同シンポジウムを行い、また各研究員も世界中の大学・研究所、各種学会で研究成果を発表しています。
 混乱を極める今日の世界情勢の中で、今後この分野での活動は、いよいよ重要性を帯びてくると思われます。

当研究所は、これまで以上に、文明間・宗教間対話を活発に行うなどし、仏教を基調とした人間主義・平和主義の理論構築を充実させていくとともに、それらの成果を、社会一般の利用に広く提供し、社会の皆さまに貢献するため、入場無料の公開講演会や「法華経展」の開催、『東洋学術研究』等の3種類の機関誌や単行本の出版事業、ホームページの公開を充実させてまいります。そして、21世紀の“平和の文化”の創出に努力していきたいと考えております。

【略歴】

1966年 東京大学法学部卒業
1968年 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士)
1970年 弁護士登録(東京弁護士会)    
1986年 創価大学法学部教授
2004年 創価大学法科大学院教授 
2013年 同大学名誉教授

創価大学副学長、同大学法学部長及び法科大学院研究科長、東洋哲学研究所監事及び理事、宗教法学会監事及び理事、常務理事等を歴任

【主な著書】

『信教の自由について』
『宗教団体の政治活動』
『民主主義と宗教』
『政治と宗教を考える』
『政教分離の日米比較』
『憲法20条―その今日的意義を問う』ほか多数

信教の自由、政教分離、宗教団体の自治、宗教団体の活動、宗教法人法改正問題、生命倫理をめぐる法律問題等に関する論文多数

トップへ戻る
ホーム研究所紹介所長・代表理事